FC2ブログ
 

タイ・バンコクゴルフレッスンBLOG

ゴルフは我流じゃ駄目だ! その4

ゴルフ合宿を受講されているWさんのコースレッスンの最終日、ヴィンテージクラブです。
IMG_0987.jpg

Wさんは20年のキャリアがありますが、自分自身の限界を感じ、それを打開する為レッスンを受講しました。チャレンジは素晴らしいことですね。レッスンの課題は、安定したショットとショートゲームです。

コースレッスン3日目・最終日はヴィンテージクラブです。1日目に比べて2日目、3日目と段々とフェアウェイが狭くなり、グリーンも小さくなってきました。ドライバーもアイアンもポイントで打たなければスコアメイクは難しくなります。

課題のオーバースィングは残念ながらまだ改善されずに最終日を迎えました。ただ、オーバースィングながら、スィングリズムが一定になってきていますので、ショットの安定性は高くなっているのが救いです。
IMG_0992.jpg

IMG_0993.jpg

IMG_0999.jpg

20-50ヤードも結構ピンがらみが多くなり、忘れていた何かを思い出したかのような感じでゴルフをしています。こんな感じではないと思いながら何年もプレイしてきたのでしょうね。きっと。

ショートゲームと呼ばれるアプローチやパターは、小さいもの、地味なものとして簡単に片付けられる傾向があります。大きいものは派手ですから、どうしてもドライバーやアイアン中心の練習になりがちです。

でも考えて見ましょう。パターだけで36回近くショットするのです。パープレイしたとして50%がパターです。いかに重要か言うまでもないと思います。でも「小さい・短い」クラブの練習は疎かになりがちなのが現実です。

スコアメイク技術のある人、シングルプレイヤーは小さいものを大事にします。練習は地味ですが、こつこつやっています。日頃の積み重ねがコースでの自信となり、グッドショット・ナイスパットになるのです。

Wさんは、技術的には大分改善されてきましたが、それ以上に小さいもの=ショートゲームの重要性を認識して頂いたのではないかと思います。

例によって今日の反省点をメールしました。

--------------------------------------------------------------------
野田からWさんへ

1今日は、.ドライバーの当たる確立が低かった。
ドライバーは限界を超えて振る場合など、フィニッシュが取れません。長いクラブになればなるほど、しっかりした捻転と体重移動が必要となります。また前傾の解除(起き上がり)が早ければ、スライスや当たり損ねになります。バランスよく振り切れる限界をつかむようにして下さい。

2.コースは戦略的でティショットが難しかったと思います。練習場では、ドライバーもアイアン同様に目標を決めて打つ練習が効果的です。オーバースィングは今回直すことが出来ませんでしたので、少しずつ直して下さい。シャフトは地面と平行が限界です。

3.グリーン周りのラフは独特で、慣れが必要でした。
私にも難しかったです。でも50ヤード以上は良く打てていたと思います。必ずダウンブローでかつ、フォローが必要です。この距離では、クラブはインパクト後フェースを返しすぎないことです。

4.問題は10-50ヤードです。
昨日ティグランド近くで練習したこともあり、少しずつフォローが出せるようになってきました。この距離のバックスィングは、殆ど直線です。インパクト後のフォローも直線的でかつフェースを返さない事を確認して下さい。バックスィングは手で上げずに、肩始動で上がっていきます。

5.パターもロングパットで自然にインサイドに引かれますが、1-2mは殆ど直線的なバックスィング&フォローです。Wさんは、まだ手で持ち上げスタートしています。肩からの始動は他のクラブと共通です。そしてパターもインパクト後のフォローが足りません。20cmのバックではフォローも20cmです。他のスィングと共通です。


これからの練習方法について
初日から問題点をお知らせしております。ご確認下さい。

1.スィングリズムの重要性
2.肩から始動するティクバック
3.しっかり右に乗ったトップ
4.オーバースィングに注意
5.ダウンスィングは腰からスタート
6.インパクトでしっかりボールを見る
7.インパクトで前傾をキープし、腕を伸ばす
8.ドライバーからウェッジ、パターまですべてフォローを取る
9.短い距離は特にヘッドアップしない

練習場では
1.アプローチ中心で、10-50を10ヤード刻みで練習する
2.アイアンはダウンに打てるように
3.すべてのショットはフォローを取る
4.バランスを崩さないスィング

何回もお話していますので、もうお分かりだと思いますが、「練習とは単純作業の連続と継続です」これによって体が理解し、体が自然に動くようになります。これからも継続した練習をお願い致します。

また、何かありましたらいつでもご遠慮なくお知らせ下さい。

来年度も再度ゴルフ合宿に参加されますよう、お待ちしています。
IMG_1000.jpg

ドライバーのMr.マイケルとクラブハウス前で

Wさんからゴルフ合宿レッスンを受講の感想メールが届きましたので、次回ご紹介します。
スポンサーサイト



コメント


管理者にだけ表示を許可する