FC2ブログ
 

タイ・バンコクゴルフレッスンBLOG

タイで苦手を克服 その3

ゴルフ合宿レッスンですっかり自信をつけて帰られたH.Nさんですが、1週間後にメールを頂きました。

H.Nさんから(全文)

さて、報告があります。昨日17日の日曜日に、私のホームコースを周ってきました。そして!やりました。苦節二年。念願のレギュラーからの100切り。53/46の99。

このコースは、レギュラーから6600ヤード近くあり、今までどうしてもどうしても110を切れなかったんです。ホームコースですので、かれこれ40回はラウンドしているにもかかわらずにです。

http://www.kanangc.com/course.html

でも、今回最初のホールでティーショットを打ったときからいつもとは違う感覚があったんです。

一週間前タイで再度先生のレッスンを受け、スイングチェックでトップの位置からフィニッシュまでの矯正、そして左足に壁ができてなくて、力が逃げてしまっていると指摘していただいて、それをラウンドレッスン中で気をつけているうちに、一日目につれていっていただいたバンパコーンリバーサイドGCで109であがってました。レギュラーから6,683ヤード。ホームコースより長いのに、110を切れてびっくり。

さらに、三日目のラウンドレッスンでザ・ヴィンテージクラブに連れて行っていただいたときには、なんと55/46で101。他のコースも含めて、レギュラーからのベストは103でしたので、ベスト更新更新!(^^)!

バンコクでの体験も自信となってくれたのだと思います。

そして一番効いたのは「ミドルホールは、3オン2パット」という先生からもらったキーワードでした。

まず、飛距離が1WもFWも伸び、スイングが安定してきたことで方向性が高まってきたのでしょうか、ほとんどのミドルホールで3オンできるように。そして、ミスショットを引きずらなくなったような気がします。4オンしたら、次のホールで挽回しようと考えられるように。発想の転換ですね。

特に昨日の後半9ホールは、残り3ホールの時点でダボが2回、ボギーが2回、パーが2回。そんなペースで今まで周ってきたことは、今までのゴルフ人生で始めて。トリプルが一回もない。うむむー。これは計算してはいけない。一打一打次のショットに集中しようと。「3オン2パット」に集中しようと。

これも合宿中に教えていただいた、パットを真っ直ぐ引いて真っ直ぐだす。1.5~2メートルくらいの距離のパットの入る確立も高かった。昨日は。18/16の34パットであがれたのも、100切りができた大きな一因だと思います。

嬉しすぎて、いっぱい書いちゃいました。野田先生のレッスンのおかげです。これからも頑張りますのでよろしくお願いします。今年の目標を95切りに上昇修正しました(笑)


と言うものでした。
いやー驚きましたね!レッスン終了後にすぐ結果が出るとは。同時に嬉しいですね。レッスンしていて良かったというのが正直な気持ちです。

ホームコースの設計者は加藤俊輔氏です。彼の設計思想は「オーソドックで易しいコースは作りたくない」と言うものです。全国各地にあるコースは難易度が高いことで知られています。このような難易度の高いコースで、ベストスコア99は立派なスコアだと思います。

H.Nさんにはこれからもゴルフ上達のためにサポートを続けていきたいと思います。一緒に頑張りましょう。目指すはシングルです。

このあともゴルフに関する悩み、質問はいつでも連絡下さい。

ゴルフ合宿お疲れ様でした。

スポンサーサイト



コメント


管理者にだけ表示を許可する