FC2ブログ
 

タイ・バンコクゴルフレッスンBLOG

ゴルフ合宿レッスン その2

受講者Sさんのスィングの問題点は、大きく二つあります。

一つ目は、スィング軸が大きく動く点です。バックスィングで上体が上下左右に動き、ダウンスィングで突っ込む、手が外から入ってくることによって正しい軌道でクラブが振られていません。これではボールに当たりません。

この動きは、プルやスライスになりやすい軌道ですので、自分を中心とした緩やかな円軌道にすることが必要です。

頭はその場所で、体を捻じり戻す動きは、コマに似ています。多少のゆれは許されますが、上下の動きは最悪の場合空振りということになります。

もう一つは、腰と腕の活用です。

殆どの初心者は腕を振ることとがクラブを振ることであると誤解しています。ボールは上体や腕で打つのではなく、腰の回転と腕の振りによってスィングが行なわれ、ボールを打つことが出来ます。

このことはダウンスィングで肘が脇腹をすりながら腰の回転と共に動き、インパクト後は腰から腕が離れていくという動作で理解できます。

腕だけが独立し、上体だけでクラブを振ることを手打ちといいます。実際は上体だけで下半身つまり腰を使わないスィングのことで、インパクト後も右足が地面についたままになっています。

これでは正しいインパクトを作ることは不可能です。インパクトは体重移動しながら行なわれる為、体重が右にかかった状態では正しいインパクトを作ることが出来ません。結果として方向、飛距離が出ないのです。

これらスィング全般の流れを今回の受講者Sさんは理解していない状態でした。

スィングを理解実践する為に課題を提案しました。

ますは基本スィングをユックリと毎日行うというものです。毎日ユックリとした素振りを行なうことで、スィングが理解できるようになります。体重移動やスィングプレーンを意識した素振りが必要なのです。これを繰返し繰返し行なうことで、段々体が理解してきます。ボールを打つのはそれからでも遅くありません。素振りは強く振る必要はありません。あくまでもユックリです。継続で必ず効果がでてきます。

スコアメイクに直結するパターも大変需要です。

パターは殆ど直線的にスィングするのが正しく、ロングパットで自然にインサイドインになります。ところがSさんのパットはインパクト前後でフェースが一定しません。真直ぐ出て行くというものではなく、インパクト後フェースがくるっとクローズになってしまいます。

パターもスィングですので、他のクラブと共通します。

バックスィングでは手首を固定し、フェース面がオープンやクローズにならないように注意が必要です。ダウンのインパクト前後、フェース面が変わらないようにすることが大切です。

ボールを打ちに行くタイプの人は、パタースィングのスウェーにも注意が必要です。パターでも体が左右に動いてミスが出るのです。

コースレッスンでこれらの課題をレッスンしました。ラウンド中大分改善されてきました。

しかしながらこれらは、一時的に理解し行動しているだけのことです。時間が経てば忘れてしまうかもしれません。

ゴルフ上達の基本は、まず頭で理解することです。そしてボールを打ちながら体で覚えていくしか方法はないのです。繰返し練習は、反復ですので飽きてきます。でもそうしなければ、体が覚えてくれません。

是非ユックリとした素振りとパター練習の反復を継続して欲しいものです。

スポンサーサイト



コメント


管理者にだけ表示を許可する