FC2ブログ
 

タイ・バンコクゴルフレッスンBLOG

なぜタイでシニアプロにチャレンジ

BLOG「タイでロングステイしながらゴルフ友達にになりましょ」の島村さんは、シニアプロチャレンジャーの仲本さんの応援でご一緒しましたが、その分析力や観察力には素晴らしいものがあり、いつも感心させられます。

何のためにシニアプロにチャレンジするのか?という問いに、まさにピッタリの表現がありましたので、ここでご紹介したいと思います。

如何に「シニアプロという資格」が、夢を持たせるモノであったり、憧れであったり、ピッタリの挑戦・目標であったり、ツクヅクと「男のロマン」を感じ入りました・・・ “シニアプロ” ホント いい響きです!

と言うものです。

私がタイシニアのことを知ったのは、2002年のことですからもう6年前になります。当時はタニヤプラザでゴルフショップをしていました。そして、商品販売のため、バンコク都内あちこちで時々試打会を開催していました。

ある時、ホイクワンのプロムシリ練習場で、PRO PARICHATに出会いました。試打クラブを打ってもらったところ大変気に入り、即購入してもらったのです。

これをきっかけにして、ショップとの付き合いが始まりました。そして、タイのゴルフ環境、レギュラーとシニアの存在などが少しずつ解ってきたのです。

パリチャットプロは女性ですが、タイシニアの試合に出てきています。なぜでしょうか?答えは簡単です。タイの女子プロはレギュラーとシニア合わせても確か15-20名くらいしかいないため、女子プロの試合がないからなのです。

このようなことから、シニアプロの資格がある女子プロはシニアの試合には当然のように出てきます。ギャラリーで来られた人は少し驚かれるでしょう。

因みにパリチャットプロは、タイゴルフ界の超有名人で、レギュラーPGAメンバーでもあります。(女性と子供のレッスンには定評があり、3-6ヶ月の順番待ちだそうです)

このようなことがきっかけとなり、タニヤプラザでショップをしている時にシニアプロにチャレンジしたのです。この時すでにお客様サービスの一環でレッスンを始めていました。

当時は、島村さんの言うような「男のロマン」や「意味合い」を深く考えず、チャレンジしました。HDは片手以内でしたから、技術的には、資格は取れて当たり前の気持ちもありました。

レッスン受講者の皆さんには必ず目標を設定するようにお願いしています。100を切るとか、シングルになるとか、様々な目標があると思います。この目標こそが、ゴルフを楽しめる原点になるのではないでしょうか。

事実ゴルフは漠然とした目標では、なかなか上手くならないものです。具体的な目標の設定が必要です。

50才以上のシニアの方々には、長く楽しめるゴルフを目指す為、例えば「タイでシニアプロになる」という具体的な目標が良いと思います。この目標に沿って練習すれば必ず上手くなるでしょうし、目標に沿って進むと言うことは、ゴルフライフが、より充実したものになるでしょう。(シニアプロになれるなれないは、全く別の話です)

シニア年齢の皆さんのゴルフライフがより素晴らしくなるように、是非「タイシニアプロ」を目指して下さい。少しでもお役に立てれば幸いです。

ご相談・ご質問等はお気軽にご連絡下さい。
サイト http://www.golfcreation.com/

スポンサーサイト



コメント


管理者にだけ表示を許可する