FC2ブログ
 

タイ・バンコクゴルフレッスンBLOG

体とクラブの接点

グリップの重要性

多くのゴルファーは正しくグリップしているケースが少ない。殆どが強く握り、その握り方も間違っている場合が多い。正しい握りの強さを解らず、沢山ボールを打つと、手が痛いと言う人が多い。

グリップは、体とクラブをつなぐ接点であり、握り方や強さは大変重要なことである。

握り方は大きく3種類ある。手の小さい人向きと言われるインターロッキング、ゴルフグリップで一般的なオーバーラッピング、そして野球バットを握るようなベースボールグリップである。

グリップは、ゴルフを始める時に習う握り方で続けている人が多いようだが、ピッタリ来る握り方を是非試した方がよい。

問題は握りの強さである。レッスン時に握り方や握りの強さを指導すると「えっ、こんなに弱く握って大丈夫ですか?」とよく言われる。どんなに弱くグリップしていてもいざボールを打つ瞬間には本能的に力が入り、簡単にクラブが飛んでいかない。

柔らかく握ることにより、手首、肘、腕、肩がリラックスしてボールを正しく飛ばすことができる。手が痛くなるような強さの握り方では、余計な力が入り、正しくスィングできないのは当然のことだ。

体とクラブの接点であるグリップをもう一度確認して欲しい。

それとあまりにも汚いグリップや減っているグリップを平気で使っている人がいる。こんなところに気を使わない人は、スィングやスコアにも気を使わない人なんだなとつい思ってしまう。

スポンサーサイト



コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 

トラックバック