FC2ブログ
 

タイ・バンコクゴルフレッスンBLOG

ベストスコアの更新続出

ここ一週間でレッスン受講者のベストスコアの更新が続出している。

東京からコースレッスンを受講のNさんは、通常90台後半でプレイしているが、今回の受講で、アウトで3バーディ、インで1バーディトータル4バーディという夢のようなゴルフができた。

Nさんは昨年も同じ時期に訪タイし、一日だけコースレッスンを受講した。今年も一日だけだったが、今までのベストスコアを10打以上更新する素晴らしいスコアである。

練習場ではスィング矯正ができるが、コースレッスンでは大幅なスィングチェックはできない。その代わり、コースでの攻略方法やスコアの作り方等のコースマネージメントやメンタル面強化のレッスンが主体となる。

今回はミスを最小限に抑え、大叩きをしないように注意した。グリーン周りのアプローチでは、ピンまでを実測してもらうなど丁寧なプレイを心がけてもらった。

結果、今まで経験したことがない素晴らしいスコアが出た。分析するところ、本人の持っている潜在的な能力が倍化され、プレイに反映されたと思われる。

生まれて初めての80台、それも限りなく70台に近い83であった。

次のベストスコア更新は、プライベートレッスンを受講しているTさんである。10回コースを受講中で、コースレッスンではスコアメイク技術を学ぶという目的であった。

練習場レッスンでは、高く上がりすぎるボールとスライスを矯正し、抑えたボールを打てるようにレッスンしている。コースでは90台後半がベストで、通常は100以上が普通との事であった。

Tさんとの初めてのコースレッスンは、ボギー、ボギーのスタートである。まずまず順調なスタートである。ショットは多少スライスはするものの大きな曲がりはない。高く上がるため距離は出ないが、確実にフェアウェイをとらえて行く。

スタート前にコース付帯の練習場でショートゲームのレッスンを行なった。スタート後は、レッスンをした20-50ヤードのアプローチを試すチャンスが何回もあった。これらを確実に寄せて行く。1m近くに寄ればパーで、外してもボギーという状況が連続してやってくる。

練習場レッスンでは、何で100以上叩くのか不思議な気がしたが、実際コースでは100を叩く気配は全く無かった。

TさんにもNさん同様に丁寧なゴルフを心がけてもらった。次打ショットもさっと構えてすぐ打つのではなく、どこに、どんなボールで打つのかしっかりイメージを作ってから打つことをお願いした。

ボールが曲がった場合は、無理なリカバリーではなく、確実な方法でグリーンまで運び、ホールアウトする訓練である。

20-50ヤードのアプローチも、歩測をしながらグリーンのアンジュレーションをチェックしてもらう。そして落ち着いてショットをする。結果は尽くピンに寄って行く。

彼もベストスコアを15ストロークも更新し、生まれて初めて83という素晴らしいスコアを出したのである。

その次のベストスコア更新は、ゴルフ塾のOさんである。前述のTさんとのレッスンラウンド中にメールが入り、今までのスコアを9打更新したベストスコアが出たという知らせであった。

スコアは両方40台の立派なスコアであった。

Oさんは一年以上ゴルフ塾で頑張っているが、なかなか100を切れなかった。出張が多くゴルフに打ち込めない環境である。奥様もレッスンを受講しており、コースレッスンの夫婦対決は以前にこのBLOGで紹介している。

腰を痛めていることもあって、体をかばうスィングのため、どうしてもスライスが直らなかった。最近はコースに出る機会が多くなり、少しずつ実践感覚を身につけて来ている。スライスは徐々にストレート系に変わってきている。

昨夜もレッスンがあり、コースラウンドの注意点や心構えを勉強した。ドライバー、FW、アイアン、PWを一通り練習し、実践のシュミレーションを行なった。そして、明日は大丈夫と激励した結果がベスト更新であった。

最後はプレイベートレッスン受講のNさんである。

5回10時間コースを受講しているが、勤務が遠隔地のため帰宅がいつも遅いそうだ。そのためレッスンは午後8時頃から開始となり、終了はいつも10時ごろになってしまう。

Nさんはまだゴルフを始めたばかりであり、うまくボールに当たらない。当たってもスライスが殆どで、距離も出ない。180cm以上の大きなMさんにはクラブも小さく見え、それだけにボールに対して屈んで構えてしまう。

ナイスショットができない最大理由がリズム感が一定しないことであった。トップからの切り替えしが早かったり、遅かったりで一定しないのである。

Nさんは、4回終了した時点でこの課題が大分改善されてきた。そして土曜日と日曜日の2日間コースに出た。

初日はいつもの110台のスコアであったが、2日目はいつものスコアを20ストローク近く更新の97である。

5回目の最終レッスン日に彼から話を聞いたが、当日は、体が自然に動いたそうである。あまり緊張せずにリズム感だけを大事に淡々とプレイした結果がベストスコアにつながったのである。

レッスン受講者が一週間以内で、4名がベストスコアを更新したのは自分のレッスン史上初めてのことである。

このようなベストスコアを更新という素晴らしい結果が出たことに対して「おめでとう」そして「ありがとう」の心境である。

スポンサーサイト



コメント


管理者にだけ表示を許可する