FC2ブログ
 

タイ・バンコクゴルフレッスンBLOG

ゴルフレッスン

ゴルフがなぜ人気があるのか時々考えてみることがある。

ゴルフ場の広い緑地を占有することは、都会に生活する人達の気持ちに安らぎを与えてくれる。コンクリートやアスファルトの中での生活は、心と体が疲弊しても回復まで時間がかかる。

疲れたときは、美しいグリーンを眺めるだけでも心が安らいでしまう。

ゴルフはスポーツであり、ゲームでもある。機械的なショットばかりではないため、メンタル面も強くなければならない。

ドライバーは距離を必要とする。一方でアプローチショットやパターは繊細なフィーリングやタッチを必要とする。

このようにゴルフを面白くしているのは、広い敷地の中で小さなボールを遠くまで飛ばし、小さなカップに入れる壮大で繊細な、両極端なことの組み合わせがあるからだと思う。

話は変わるが、タイに4年在住のTさんがレッスンを受講している。

シングルに近いハンディ11の上手なゴルファーだが、最近スコアを崩してレッスン受講となった。70台で回ったこともあるが、自己流のためタイに来てスコアが思うように伸びなかったそうである。

別な方のレッスンをしていた時、隣でレッスンの様子を見ていてレッスンを受講したいという気持ちになったようだ。

Tさんは9月中に本帰国が決まっている。レッスンは毎週土曜日に3回だけしかできない。日程的に帰国日が迫っているためそれしかできないのだ。

レッスンは、基本的なスウィング理論の確認である。また、メンタル面の話やゴルフに対する接し方の一例を話した。

早速コースで良い結果が出てきて、嬉しいというメールも頂戴した。

これから日本に帰ってゴルフの回数は激減すると思う。タイと日本ではあまりにもゴルフの環境が違いすぎるからだ。

Tさんには、コース中心のゴルフから、練習中心のゴルフになって、さらに上に行って欲しいものである。

練習場やコースでの問題点は、帰国後も連絡を取り合いながらサポートして行きたいと思う。

スポンサーサイト



コメント


管理者にだけ表示を許可する