FC2ブログ
 

タイ・バンコクゴルフレッスンBLOG

タイでシニアプロゴルファー

タイでシニアプロにチャレンジ!

アマチュアがプロ資格を取得することは意外と簡単だ。自分はアマチュアでは無く、プロだと宣言をすればよい。これで、プロになれる。

しかし、プロになって所属がどこなのか、例えば日本プロゴルフ協会なのか、タイプロゴルフ協会なのかということになり、プロ宣言をしただけでは世間では殆ど通用しない。

日本のプロゴルフ協会の会員数は約4500名で、レギュラーもシニアも同じ協会である。

日本では、プロテストの難易度は高い。またツアーライセンスを取得し、実際にトーナメントに参加しているプロはほんの一握りだ。

ツアー資格は試合に出れる権利を有するだけで、プロの試合に出るには数多くの関門が待ち受けている。常時100名程度しか試合に出れないのが現実だ。

一方タイでは、プロゴルフ協会というのは一つではなく、レギュラーのタイプロゴルフ協会TPGAと、タイシニアプロゴルフ協会のTSPGAに分かれている。

タイシニアプロゴルフ協会には、現在約350名が登録されている。ゴルフ専業者ばかりではなく、公務員や会社経営者が会員となっている。

日本でPGA会員になるには、レギュラーのプロテストを受験しなければならないため、通常はシニアが受験することはありえない。

しかし、タイではレギュラーとシニアが別れているため、シニアのプロテスト受験、資格取得は日本より遥かに簡単といえる。

それでは、シニアプロになったらどうなるのか?

まずは、タイのシニアツアーに参加できる。シニアツアーは、年間7-8回開催され殆ど無条件で試合に出れる。

何試合かは、クオリファイがある。試合に出るための予選会である。

昨年プーケットで行なわれた、インターナショナルアジアンマスターなどは、バンコク近郊のコースで予選会があり、100名が参加し、15名が通過した。

クオリファイして、プーケットまで行って来たが、このようなケースはシニアのメジャートーナメントで、2-3試合だけである。

また、シニアプロになれば、タイ国内のみならず世界中のゴルフ場でプレイができる。プロ料金の目安はメンバーフィと考えれば良い。ゴルフ場により料金が違うように割引料金も其々である。

割引は、タイの場合平日中心であり、土日は一般料金が多い。アメリカやオーストラリアなどではグリーンフィが通年同じなので、土日も祭日も割引となる。

このようにシニアプロになれば、賞金のかかった試合に出れることと、世界中で割引プレイが出来るというメリットがある。

50才以上で、腕に自信のある方は是非チャレンジしてはいかがだろうか?また、60才以上の場合は、スーパーシニアとなりさらに資格取得は緩やかになる。

タイゴルフツアー&レッスンでは、タイシニアプロ養成講座を開設し、傾向と対策を徹底指導している。

詳細はメールでお問合せ下さい。

サイト:タイゴルフツアー&レッスン http://www.golfcreation.com/
スポンサーサイト



コメント


管理者にだけ表示を許可する