FC2ブログ
 

タイ・バンコクゴルフレッスンBLOG

飛距離を求めること

最近レッスンの受講者で、飛距離を求めるあまり、スィングを崩している人がいる。

そもそも飛距離とはヘッドスピードと相関があり、速くクラブを振ることが条件となる。

速くクラブを振るとは、上半身だけの手振りではない。上半身の動きには限界があり、上半身特に腕と腰の動きがマッチしていなければならない。

一般的に速くクラブを振ろうとする人達は、腰のことを考えず肩を速く回すとか、腕だけを速く振ればヘッドスピードがアップすると誤解している。

速くクラブを振るためには、オーバースィングになるほど深いトップやコックを作ることではない。確かにしっかりした捻転はスィングの基本であるが、捻転を解き飛距離に変えるエネルギーには限界がある。

では、一体どうすれば速く振れるのだろうか?

答えは腰の動きにある。腰を速く回転することが速くクラブを振るためには不可欠といえる。

トップからダウンにかけて、腰の回転と腕の振り(右腕の伸ばし)をマッチさせなければならない。そのためには、右ひじが右脇腹(右腰)と一体的に回転することが必要であり、肘が体から離れると手打ちになってしまうのである。

もう一度考えてみよう。ヘッドスピードを速くする目的で速く腕を振るためには、腰と一体になることが必要なのである。

レッスン受講者が、さらにヘッドスピードを上げようと頑張っているのは良く分る。でも、軸がしっかりしていないスィングで手や腰がバラバラに動いては、まともにボールに当たらなくなる。

今まではボールをしっかり芯で捕らえることを念頭において練習してきた。しかしあと20ヤード飛距離を伸ばしたいという願望がこれらを台無しにしてしまうのである。

ゴルフボールを「真直ぐ」「遠くに」飛ばしたいのは誰でも同じである。しかし、飛距離はそう簡単にアップしないと認識したほうがよさそうだ。

飛距離作りには、8番アイアンなどのやさしいクラブで、しっかりとしたスィングを作り、少しずつヘッドスピードを上げていくしか方法が見当たらない。

毎日の素振りで、腰と腕が一体になったスィングを作りヘッドスピードを上げていく方法が一番確実といえる。

すぐ出来ない場合は飛距離よりもジャストミートによる方向性を選択すべきである。

スポンサーサイト



コメント


管理者にだけ表示を許可する