FC2ブログ
 

タイ・バンコクゴルフレッスンBLOG

ゴルフの難しさ

ゴルフの難しさを代表することに前傾がある。


直立した状態では、真直ぐ遠くにボールを飛ばすことができない。そこで前傾が必要になるのだが、初心者は前傾そしてその角度を保ったまま肩や腰を回転させ、腕を振ることができないことが多い。


 殆どがインパクトする前に上体が起き上がるミスをしている。体とボールの距離が変わってしまうのである。この場合、スウェーをしているケースが殆どで、これらのミスによりトップやダフリを誘発し、腕を振れないイコールヘッドが走らない現象が起こる。よってシャンクに近いスライスが出るのである。


 ボールと体の距離が変わることがボールを打つ障害になる。ボールを打とうとして空振りまで起こるのであり、空振りをしなくてもまともに当たらないのである。


ボールと体の距離感がもたらす弊害の中に、リズム感が狂うというのがある。近すぎるとリズム感がとれず、早打ちしたりするのがそれである。特に初心者や中級者は、ボールが近い場合、インパクト直前に瞬間的に調整ができない。


 体とボールの距離については、あまり解説書や雑誌で取り上げられないが、大変重要なことである。


 

スポンサーサイト



コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 

トラックバック