FC2ブログ
 

タイ・バンコクゴルフレッスンBLOG

暑すぎるゴルフ

今年のタイの気候は変だ。

6月中旬の今時期は雨季であり、こんなに気温が高くならないはずである。曇天であれば気温はそれなりに下がるが、晴れていれば気温は上がってしまう。

特にゴルフを始めたての人達にはコースはキツイ。何しろクラブを振る回数が多く、歩く距離も上手な人達が直線で歩くのに対し、1.5倍から2倍近く歩かなければならない。

先日午前スタートのコースレッスンがあったが、スタート前の7時すぎからもう暑い。風がなくジリジリ来ていたし、昨夜の雨で湿度が高い。

大概どんなコースに行っても、木陰は少しひんやりとしていて気持ちがいいものだが、今年のバンコク近郊のコースではそれが期待できない。

前の組を回っていた外国人グループ5人組のうち、2名が真っ赤な顔をしていた。次のティィンググラウンド横の木陰で、上半身裸で頭に氷を載せている。キャディに扇子で背中を扇いでもらっている光景は、いつも見慣れているゴルフ場の光景と違い、笑ってしまう。

最近の造成されたコースには大きな樹が見当たらない。熱帯気候にあるため植物の成長はものすごく早く、日本で10年かかって成長するものが、2-3年で同じ大きさになるような気がする。

コース造成時、わざわざ大金をはたいて大きな樹を植栽することも無く、自然に成長を待っているという発想だ。

プレイヤーとしては、木陰が無く大変辛い。しかし、ゴルフ場側はそんなことにはお構いなしである。

このような暑い中でのゴルフは結構神経を使う。普通の状態ではまず熱射病や熱中症にかかってしまうため、プロテクトとケアが必要だ。

まずはプロテクトであるが、傘と帽子は必需品である。特に帽子は、サンバイザーではなく、しっかり頭皮を覆う帽子が必要になる。材質は通気性の良いものなら何でも良い。スタート前にはしっかり日焼け止めを塗ったほうが良い。

ケアの部分では、こまめに水分を補給することだ。スタート前にはポカリスウェットなどのサプリメントが必要だし、ラウンド中は時々バナナやお菓子、飴などを口にしても良いと思う。

ラウンド中は暑さの中で疲れてしまうため、ビールなどアルコール飲料は避けた方がいい。喉がどんどん渇くし、疲れが倍増してしまう。ビールは終わってからの方が絶対上手い。

暑い時のゴルフには、睡眠不足も大敵である。日差しが強くなくても焼けるイコール疲れるため、十分な休養が必要だ。

今年のタイは暑いので、土日の連ちゃんゴルフはきついので要注意である。同時に早く上手くなって直線で歩けるようにしたい。最もこれはすこし時間がかかる話ではあるが。

スポンサーサイト



コメント


管理者にだけ表示を許可する