FC2ブログ
 

タイ・バンコクゴルフレッスンBLOG

ラフから打つ左足下がりのアプローチ

前回はラフから打つ10~30ヤードのアプローチで順目と逆目の打ち方についてお話ししましたが、今回は少し難しい左足下がりのアプローチです。

ラフからのアプローチでの注意点は、インパクトで芝の影響を受けるか否かに注目すべきですが、左足下がりのアプローチは、ヘッドの着下点を確定することです。

これは右側が高くなっているためダフリやすく、ダウンスウィングでヘッドがボールにコンタクトできない可能性が高くなるからです。

目標に向かって立ちボールは少し右側にセットして素振りをしてみましょう。素振りでヘッドが着地している場所が確定できます。もしその場所にボールがなければヘッドにボールが乗らないためミスになってしまいます。

フェースは抜けを良くするため少し開きます。

10~30ヤードのアプローチではバックスウィングが大きく、フォローが小さくなってザックリやチョロになる可能性が高いので、左右対称のスウィングを心がけましょう。インパクト後もヘッドを目標に向かわせることが大切です。

またこのショットで気を付けなければならない点は、無駄な体重移動は必要ないということです。バックスウィングの体重移動は最小限にしなければなりません。

ダウンスウィングは傾斜地に沿って、体全体を使った回転が必要になります。右足は高い方にあるため少し邪魔になりますので、右足を後ろに引き左足一本で回転することが効果的でしょう。

斜面がきつければきついほど、不必要な動きがミスに直結します。

慌てず急がずゆったりしたスウィングを心がけましょう。
スポンサーサイト