FC2ブログ
 

タイ・バンコクゴルフレッスンBLOG

コースでトップやチョロが多い

ラウンドレッスン等でコースに出た場合、トップやチョロのミスが非常に多く見られます。

今回はトップやチョロの原因を探り、ミスを改善したいと思います。

トップの原因

1.ボールをすくい上げる感覚で空中に向かって振ってしまう。
2.インパクトで伸びあがる。
3.インパクトでヘッドアップしてしまう。
4.インパクトで左軸足に乗っていない。

対処方法

1.地面にあるボールを打つにはクラブのヘッドが地面に到達しなければなりません。つまりはヘッドを上から下(地面)に降ろすことをしなければならないのに、ヘッドを地面ではなく上に振っています。インパクトで腕が曲がるすくい打ちが多く見られます。

この場合は、両腕を伸ばして地面を叩くべきです。ボールに当たった後ボールの前方、目標側の芝を削るような意識も持ちましょう。

2.インパクトで伸びあがることはある意味重要ですが、ボールを打った後の体の伸び上がりではなく、ボールを打つ前の伸び上がりはミスショットに直結します。

股関節から前傾した角度を保ちながら、フォロースルーまで起き上がらない素振りを習慣的に行うことが効果的です。

3.ヘッドアップはトップする原因を作ります。頭だけがボールの行方を見ていれば問題ありませんが、起き上がりながらボール方向を見ることでヘッドが地面に届かなくなってしまいます。

4.インパクトで左軸足に乗れない場合は、体重が右にかかった状態ですのでヘッドがボールに届く前に地面に当たるため、ダフリ・トップ・チョロになります。

スウィング中の体の軸が上下左右に動くことで、インパクト時にヘッドがボールの所に戻らない。構えた場所と違う場所に降りてくることになれば正しくボールをヒットすることはできません。

トップやチョロを改善する基本的なことは、スウィング中は軸をキープし、インパクトで前傾角度を保つことが重要です。

クラブを持たずに鏡の前に立ち、正面と側面から、軸と前傾角度がキープされてスウィングしているかどうかチェックしてみて下さい。
スポンサーサイト