FC2ブログ
 

タイ・バンコクゴルフレッスンBLOG

渋野プロのスウィング

前回スウィングを難しくしている要素は「前傾角度」で、スウィング中は前傾角度をキープしなければならないということをお伝えしました。

今回は前傾角度に関連して、2019全英女子オープンで優勝という快挙を成し遂げた渋野日向子プロのスウィングを解説したいと思います。

渋野日向子プロのスウィングの特徴
1.前傾角度が深い
2.背筋はしっかり伸びている
3.インパクト時以降の前傾解除が遅い
4.頭が最後まで残っている
5.しっかり振り切る
6.バランス・タイミングが秀逸
7.構えてから打つまで早い
8.ミスを引きずらない

アマチュアゴルファーが参考にすべき点が山盛りです。

1.前傾角度の深さは球筋にも影響する重要な要素になります。毎回同じセットアップ、前傾角度ができるよう心がけましょう。但し渋野プロの前傾角度は深く一般アマチュア向きではないでしょう。

2.普通スタンスを取った時、背中が丸くなる傾向があります。背筋にはハリを持たせる感覚が重要です。頭は背筋のラインから下がる、地面に平行になって下がらないように注意しましょう。
3.一般的なゴルファーはインパクト時に、目標方向に伸びあがる傾向があります。インパクトゾーンでの早い前傾解除はパワーロスのほか、トップの可能性が高くなります。

4.頭を残す重要性は皆さん認識していますが、インパクトで頭がしっかり残っているゴルファーは多くありません。頭つまり上半身がスウィングと一緒に目標を向いてしまうのです。頭と胴体、そして下半身の3つの部位を別々に使うことが大切です。

5.ボールと向き合ったら躊躇せず、しっかり振り切ることが大切です。スウィング開始の直前または途中で雑念が入ればスウィングは間違いなくスムーズさを失います。無心かつ思い切りの良さが大切です。

6.渋野プロは斜面では下半身の強さを発揮してナイスショットを連発していました。斜面ではバランスやタイミングを乱しがちです。バランスの良い立ち方をしたうえでスウィングをしましょう。

7.構えてから打つまで長すぎた場合、殆どミスが誘発され上手くいきません。打つ前のプランニングには時間が必要ですが、決断と実行はスムーズにしたいものです。

8.渋野プロの大きなミスは最終日の3番で4パットのダボを打ったことです。しかしその後はミスを引きずらずに攻め抜き優勝を勝ち取りました。ゴルフでは気持ちの切り替えが重要なことを再認識させられました。

参考:ゴルフダイジェスト(頭を押さえる)
https://golfdigest-play.jp/info/17279748
スポンサーサイト