FC2ブログ
 

タイ・バンコクゴルフレッスンBLOG

前傾姿勢を保つには

ゴルフスウィングを難しくしている要素に「前傾角度」というものがあります。正しいスウィングは前傾角度をキープしなければならないというものです。

正しい前傾角度を作るには、背筋を伸ばして直立し、足の付け根(骨盤の後ろ付近)から体を前に倒します。腕は脱力した状態でグリップします。顎を引きすぎ下を向かないように注意が必要です。

スウィングがスタートし、トップからダウンにかけて上体に力が入り過ぎた場合、インパクトに向かって右肩が前に出過ぎてしまいます。手が体から離れたアウトサイドイン軌道を描きますので、体は前傾角度を解除し直立した姿勢を取ろうとします。

前傾した正しい姿勢が、インパクト付近で起き上がると手元が浮いてしまう、シャフトが倒れる、フェースが開くという現象は普通に起こります。結果としてチョロやスライス、最悪の場合空振りします。

フルショットでの前傾がキープされたインパクトをする方法は以下です。

1.リラックスした状態で背筋を伸ばした前傾姿勢を作る
2.インパクトゾーンでは、回転運動による体重移動を行う
3.インパクトゾーンでは、左股関節(お尻)を後ろに引く
4.インパクトゾーンでは、両腕を伸ばす
5.ヘッドアップせず頭を残す

初~中級者にとってインパクトゾーンで前傾をキープしながらクラブを振るということは、不自然な体の使い方と感じられると思います。前傾をキープしてクラブを振ることは、技術を要するものであり、最初のうちはクラブを振ろうとすれば前傾角度を解除したくなるのが普通なのです。

しかしながら、起き上がりながらインパクトする弊害は大きく、ショットが成立しない、つまり真っすぐ遠くまで飛ばすことは不可能なのです。

グリップについてですが、スクウェア(ウィーク)グリップの場合はインパクトでフェースをクローズにするアームローテーションをしなければ開いて当たります。腕を返してヘッドをクローズにする動きも肩が前に出る、つまりは起き上がる原因となります。
正しいグリップは、左手を若干かぶせて握り、親指と人差し指の間のV字が頭と右肩を指すストロンググリップが良いでしょう。右手も同様に、できたV字が頭と右肩を指すようにして下さい。

このようなストロンググリップにして腕や手元をあまり大きく動かさずに、手首の動きだけでヘッドをターンさせる方が効果的ですし、前傾を解除せずにスウィングできます。

是非練習場で確認してみることをお勧めします。
スポンサーサイト