FC2ブログ
 

タイ・バンコクゴルフレッスンBLOG

ダフリの原因と対処

ゴルフを始めて間もないゴルファーの悩みはダフリやトップが多く、フェースに当たらないことではないでしょうか。

今回は、なぜダフリが起こるのか、ダフリの原因とその対処方法を考えてみたいと思います。

アイアンを例にとりますと、ボールの位置はスタンスの中央から左側にセットされなければなりません。クラブは体の中心軸を基本に振られますが、スウィングは腰の回転が伴うためスタンスの中央より左側でヘッドが着地します。そしてスウィングの最下点はボールの左側になります。

この場所にボールがセットされていなければダフリやトップなどのミスショットが普通に起こるということになります。

最も多いダフリの原因
1.体重が右にかかった状態でのインパクト
2.トップで作られた右手のコックの解除が早い

体重が右にかかった状態でのインパクトは、体重をトップの右軸足から左軸足に移動させるタイミングが遅れるため、右足前に近い場所にヘッドが降りて来ることによりダフリが発生します。

ダウンスウィング開始とほぼ同時に体重移動が行われ、軸を中心に回転運動が起こります。素早く右足から左足に乗ることが大切です。またバックスウィングで頭は多少右に動きますが、インパクト時に元の位置に戻す必要があります。

さてダフリの最も大きな要因は、トップオブスウィングからのクラブの引きおろしと右手首のコックのリリースが上手く出来ていないことによります。

トップで作られた右手のコックつまり「野球でボールを投げる時の手からボールが離れる直前の手首が折れた形」がダウンスウィングが始まると同時に解けてしまうことがミスの最大要因でしょう。

対処方法は、トップでできた手の甲の形を維持しながら、右ひじを真下に引き下ろし、ボールの直近までシャフトを立ててスウィングすることです。

このトップからの切り返し動作は、ゴルフスウィング解析で最も難解と言われている動きです。でも繰り返し練習すれば必ず出来るようになります。

ダフらないナイスショットを頭で理解し、体で覚えて下さい。
スポンサーサイト