FC2ブログ
 

タイ・バンコクゴルフレッスンBLOG

スウィングの軸とは

正しいスウィングを身につけるためにはスウィングの軸をキープする必要があります。今回はスウィングの軸についてです。

ゴルフスウィングには軸と言われるものが存在します。正面から見た場合こめかみからへその正面軸と呼ばれるもの、セットアップしボールと向かい合った時の前傾角度の前傾軸のことです。

正面軸と前傾軸がスウィング中、特にインパクトゾーンで動かないことが大切です。

正面軸はバックスウィングの開始時に右に動きやすく、スウェーに繋がります。スウェーは正面軸つまり頭が動くことと、腰が右に動くことに伴って右ひざが右に流れる複合的な動きで発生します。
スウェーをすることでインパクト=打点が定まらなくなり、ダフリ・トップが頻発します。

正しいスウィングが体の正面軸をキープしたまま体を回転させることに対し、正面軸が左右に動くスウェーによる直線的な動きでボールを打とうとするため、ボールが上がらなくなることが良くあります。右に動き目標方向に体が突っ込んでいることによるミスです。

一方前傾軸はどうなのでしょうか。

最も多いミスはバックスウィング開始時に前傾がきつくなる、バックスウィングからトップにかけて伸び上がる、そしてインパクト直前で伸び上がる動きで前傾角度が変わることの3点が典型的なミスになります。

バックスウィング開始時に前傾角度がきつくなりボールに近づく場合、正面軸をキープしたい願望があり、頭を動かしたくない意識が強く、ついボールに近づいてしまいます。左肩が下がりながら近づく場合がほとんどですので、ボールをぼんやり見るようにし、回転する意識を持てばスムーズはトップにつながると思います。

バックスウィング特にシャフトが地面と平行になるハーフウェイバック辺りから体が起き上がるスウィングをしている場合があります。前傾軸を回転しながらトップを作るという認識がまだ薄く、右腕で重い物を持ち上げるような動作になる場合トップでの伸び上がり動作が見られます。回転しながらトップを作る訓練が必要です。

最後にインパクトゾーンでの伸び上がり動作です。確かにインパクト後に前方への起き上がり動作はスウィングには必要です。でもボールを打つ遥か手前=インパクトゾーンに入る前から伸び上がることはミスショットに繋がります。

インパクト直前まで正面軸と前傾軸をキープし、ボールと体の距離が変わらないようにする必要があります。インパクトからフォロースルーで腕が伸びるまで二つの軸はキープしなければなりません。

今回のテーマである正面軸と前傾軸のキープの重要性は平坦ではない場所で顕著に現れます。

難しい斜面になればなるほど軸のキープが重要になり、軸が動けばすぐミスになるということです。例えば前下がりの斜面からのショットをする場合、腰を落とし腰かけたようなスタイルで正面軸と前傾軸を意識します。大振りをせずコンパクトなスウィングを心がけるという意味は、二つの軸を少しでも動かすことによって空振りやチョロのようなとんでもないミスにつながるということなのです。

また大きなスウィングトップを必要としないアプローチショットでも軸のキープが絶対必要になってきます。10-20ヤードのアプローチで上半身が左右に動いた場合はダフリ・トップになりやすく、正面軸が動き上半身から打ちに行った場合はすぐシャンクという大きなミスにつながります。

反面ドライバーのような大きなスウィングでは正面軸や前傾軸は多少のブレがあっても吸収できます。吸収とは動きがダイナミックであるため多少のブレでもなんとか当たるという意味です。ドライバーのフェースの大きさとティアップして打ちやすくすることがその証左です。

アプローチのような小さなスウィングをする場合や平坦地ではない難しい斜面でショットをする場合特に軸のキープが重要になることを理解して下さい。

今回は少し分かりにくいかもしれませんが、是非二つの軸=正面軸と前傾軸のキープを意識して練習されたら良いでしょう。ミスが格段に減ると確信します。
スポンサーサイト