FC2ブログ
 

タイ・バンコクゴルフレッスンBLOG

当たらないその時は-2

前回に引き続き突然当たらなくなる状況での対処方法を考えて見ましょう。

ドライバーの場合は、ボールの位置が重要なポイントになりますが、アイアンの場合はどうなのでしょうか?

アイアンのボールの位置、スタンスの中央なのか左足よりなのかは球筋には影響します。しかし突然当たらなくなるようなことはなく、重要度はないような気がします。本当のところどうなのでしょう。

アイアンショットで重要なのはボールと体の距離ではないでしょうか。近すぎるとインパクトゾーンでの腕の動きが窮屈になります。手をこねたり、押し出したり結果的にミスになりやすく、スライス系になると思います。ボールと体が遠い場合は逆になります。ヘッドをボールに合わせようと腕が伸びる結果となり、ヘッドがクローズになりやすくなります。又は上体で打ちに行くこととなりアウトサイド軌道でヘッドがクローズの低いフックまたは引っ掛けのようなボールが出やすくなります。

それでは適正なボールとの距離はどのくらいが正しいのでしょうか。一般的にはグリップエンドから体まで(ベルトライン・へそ)拳一個以上二個未満となります。しかしこの場合は全ての方に共通する距離ではありません。身長・腕の長さ・前傾姿勢・クラブの長さ等によりすべてのクラブ、すべての人に共通するとは言えません。個人差があるという前提でとらえて下さい。

アイアンショットの場合ヘッドの動きは、インパクトを迎えた後に地面からさらに下に動きます。ボールの左側に最下点があるため、実際の動きはボールをヒットした後ターフを取る、または芝を低く削る動きとなります。

このようなアイアンショットのヘッドの軌道を理解すれば、ボールを打った後もヘッドが低く前に出なければならないことが分かります。インパクトゾーンでボールをダウンブロー気味に上からヘッドを入れる動作は、真直ぐボールを飛ばすため、ヘッドにボールを乗せるための不可欠な動作なのです。

総合的に考えた場合、アイアンショットのミスの大半が起き上がり動作によるものと考えられます。つまりは地面を打てないミスなのです。地面を打つとはボールの手前を打つことではなく、ボールの左側の芝を削ることによりフェースにボールを乗せることなのです。

ラウンド中後半になると疲れてきます。なぜ疲れるのかと言いますと様々理由があります。力が入り過ぎるショットを続け、ボールに向かい合ってから考えすぎる、成功よりミスが多くなる結果、肉体的にも精神的にも徐々に疲れが増していきます。

このようになると下半身が動かなくなり、次第に上半身だけのスウィングになります。またトップからダウンにかけての切り返しで左に乗れなくなりますので右に体重がかかった状態でインパクトしようとします。ヘッドはボールの手前つまり右側におりてきます。

アイアンの最下点はボールの左側にあるのですが、体重移動ができなくなるにつれてボールの右側に移動してきます。これが疲れた場合のダフリ現象です。ジャンプするなどして重心を下げ、正しいボールポジションにヘッドが降りてくることを素振りで確認する必要があります。

ミスの連鎖はこのような状況で起こりやすく、自分で修正できないままミスを続けることが多いのです。是非正しい分析を行い対処してほしいと思います。

スポンサーサイト