FC2ブログ
 

タイ・バンコクゴルフレッスンBLOG

リゾートゴルフ

ゴルフ塾のコースレッスンは毎月2回設定されており、毎回会員の数名が参加している。

5月2回目のレッスンは、会場をチャアムに設定し2泊3日のプランで6名が参加した。

チャアムはバンコクから2時間半でいける海浜リゾートで、タイ人には結構人気がある。(2007年1月18日のチャアムとホアヒン参照)

ホアヒンから20kmほど手前の小さな街で静かである。バンコク湾の対岸にあるパタヤなどのような歓楽街などは無く、田舎ののんびりしたリゾートという雰囲気が漂っている。

ここにはスプリングフィールドロイヤルという、タイでベスト10に入るコースがあるが、それに劣らないリゾートコースがインペリアル・レイクビューである。

チャアムの街から山間に入った所に位置する36ホールの丘陵コースは、コンセプトの異なるA・B・C・Dがあり、バンコク周辺のフラットなコースで慣れているゴルファーには大変新鮮な感じがする。デザイン的にも大変美しいコースである。

我がゴルフ塾の会員は、この初めてのコースで苦戦しながらも大いに楽しんだ。

しかし、宿泊しながらのリゾートゴルフは初めての上、コースのアップダウンやグリーンの傾斜が、今までプレイしたコースとはあまりにも差があり、難易度が格段に高いと感じられたことがプレッシャーになったようだ。

コースはマウンテン・レイク・デザート・リンクスに分かれているが、ティグラウンドに立った時、目に入るバンカーの数に圧倒されてしまう。バンカーを効果的に配置しているため、初心者には威圧感がある。そのため、まずティショットでびびってしまう。プレイヤーにはバンカーでミスを誘引するというのがコースデザインの印象である。

コースレッスンの目的は、現場での具体的な対処法を指導することであり、今後の練習の課題を見つける場所でもある。

今回はゴルフ塾初めてのリゾートゴルフのため、レッスンというより、リゾートゴルフの楽しみを体験してもらうという意味合いが強かった。

どんなコースにも対応できるよう、いつもと違う環境を体験してみることが大切である。

imperial lake view d

imperial lake view c

imperial lake view a

imperial lake view b

スポンサーサイト



コメント


管理者にだけ表示を許可する