FC2ブログ
 

タイ・バンコクゴルフレッスンBLOG

いつでも簡単に練習その3

いつでも簡単にできる練習は、2-3月にお知らせしました。今回は練習方法続編その3をお伝えします。
今回はスウィング体重移動などの基本動作です。

1.鏡を見ながらスウィングする
鏡に自分を映しながらスウィングすることで、体の左右の動きと上下の動きの両方をチェックすることができます。

軸が左右に動くことはダフリやトップにつながるため、軸の中心になる頭と腰がなるべく動かないようにすることが大切です。左右に動くことはパワーロスにつながるため飛距離が出なくなります。上下の動きも危険な動きです。
多くの方がバックスウィングで左肩が落ちる(下がる)または前傾姿勢がより強く前かがみになります。バックスウィングからトップで肩が落ちる、ボールに近づいて行く動きは、体のスムーズな回転に繋がらないためインパクトでボールのある場所にヘッドが戻らなくなります。この場合は殆ど手前にヘッドが降りてきます。

練習はクラブを持たなくてもできます。腕を胸の前でクロスさせ、頭は鏡を見たまま前傾します。前後左右に軸が動いていないことを確認して捻転と解放の練習をしましょう。チェックポイントは頭が動かないこと、腰が左右にずれないこと、同じリズムで行うことです。

2.前傾姿勢をしたまま壁に頭をつける
体幹(上体)の捻転と下半身優先の開放の練習です。

鏡を見たままスウィングすることの変形です。頭を壁に付けているので軸の動きが良く分かります。段々慣れてくると頭が全く動かなくなることが自覚できます。この練習方法は頭をつけたまま捻転と解放を行いますが、必ずダウンスウィングで腰から始動することを意識し、フィニッシュでは左軸足1本に乗ることです。自然にインサイドアウトインの緩やかな円運動が身につくはずです。

3.距離感を養う
スコアにすぐ反映されるアプローチの距離感を養う

アプローチの距離感はコースの状況で大きく変わります。ホールによって同じ20ヤードでも遠くに見えたり近くに見えたりすることがあります。これはグリーン周りやグリーン奥の景色その他が自分の感覚に影響を与えているからです。

すぐできる距離感の練習方法は、あそこまで何ヤードと考えることを習慣にすることです。そしてその距離を歩測することです。5~10ヤード、10~20ヤードの距離で十分です。
家の中では5~10ヤードの距離にごみ箱またはクッションなどを置きボールを下手投げで投げてみて下さい。見た感覚と投げる感覚のコラボがアプローチと言われます。ボールを投げられない場合は体の動きだけでも良いでしょうし、プラスチックの飛ばないボールも販売されていますのでそちらを使ってもよいでしょう。


4.同じ位置で足踏みをする
スウィングは軸をキープして体重移動をしながらボールを打つ動作です。

日ごろから1分間に60-70回のリズム感を養い実際に立ったままで足踏みをしてみましょう。

同じスウィングができない場合の根本原因は、リズム感が乱れた時つまりリズムが速くなった時です。クラブを持てばベターですが持たなくても構いません。

最初は真直ぐ前を見てリズムに合わせて手を振りながら足踏みをします。スウィングが体重の移動であることは当然のことですが同じ強さ同じテンポを維持継続することが難しいということなのです。
次に足を上げない足踏みです。足を上げない足踏みができればすぐコースで使えます。足を上げなくともしっかり体重の移動ができるということになります。
スポンサーサイト