FC2ブログ
 

タイ・バンコクゴルフレッスンBLOG

今年はシラチャで年末年始レッスン 

恒例の年末年始レッスン、今年は雰囲気を変えてシラチャで行います。

昨年末のことを少しお話しますが、毎年使用していたアルパインチェンマイが9H増設しました。この9Hが既にある18Hと全くコンセプトが違うので驚きました。パタヤ郊外のワンジャンGCに近いゴルフパーク的めちゃくちゃな9Hでした。当日はシングル1名、90前後1名、100位1名の3名とラウンドをしましたが、新設の9Hではボールの紛失が多く、グリーンに乗ったかと思えばラフまで転がっているなど全員が散々なプレイでレッスン出来ない状態でした。

新設コースはオープンして間もないため一般的には下が固いのが普通です。フェアウェイが落ちつくまで1-2年以上かかります。芝の状態は若くフェアウェイのクッションも全くないためコーンと跳ねて転がってしまいます。新しいコースを回った場合このような状況は普通は許容できます。でもここの9Hは違いましたね。

アルパインの既存の18Hは古いサンカンペンのコースを全面改修しましたが、以前のコースと趣が全く異なる素晴らしいオーソドックスなコースに仕上がりました。チェンマイで1-2を争うチャンピオンコースでした。が増設の9Hは全く違うコースなのです。グリーンの周りが「田んぼ」になっているホールもあり笑ってしまいました。

どこに打って良いのか分からない、ナイスショットをしたらボールが無い、急激な打ち上げでシングル並みの技術が無ければグリーンに乗せられない、グリーンに乗ったと思えばグリーンに大きな窪みがあり転がって向こうに落ちている、等々これではレッスンになりません。実際皆さんがっくりでお帰りになりました。

今年の使用コースは基本がカオキオCCです。ピートダイデザインの決して易しくない27Hです。そして坂田塾でおなじみのバンプラGC、場合によってはブラパGCなどを使用したいと考えております。

これらのコースは決して易しくはありませんが、奇をてらい過ぎるコース設計をしていませんのでミスしたら1打払う的なスタンダードなコースです。バンプラは距離も長く特徴ある饅頭型グリーンに注意が必要です。上から速く下から遅い典型的なグリーンです。

年末年始レッスンは12月29日から開始し、1月4日に終了します。この期間中ご自分の都合に合わせてラウンド日数を決めて下さい。通常は2-4日間でレッスンを受講されています。参加者にもよりますが、基本的に1組でのレッスンです。

毎日のスケジュールは朝8:00頃ホテルを出発し、ゴルフコースの付帯練習場で練習・レッスンの後、9:00~10:00頃にスタートします。ラウンドレッスンをしながら18Hを回りますので4時間以上かかります。その後ホテルに戻りリラックスし夕食時には反省会です。毎日この連続です。が個人的に休みたい、外出したい、遠方に遠征したいという方はご自由にスケジュールを作って頂きます。

10月20日現在で、すでに予約が入ってきています。参加される方は毎年参加される方50%、新規の方50%でしょうか。タイ勤務時代にレッスンを受講されていた方、近隣諸国から来られる方、バンコクから参加される方、シラチャから参加される方に大別できます。

今年の拠点ホテルはシラチャロビンソンの隣のパシフィックパークホテルになります。日本や海外から参加される方は早目にホテルをご予約下さい。新館がお勧めですが、旧館もリニューアルが終えて綺麗になっています。ご予約は食事付きにして下さい。朝はしっかり食べて出かけましょう。

年末には年越しそば、新年会はイタリアンでしたが今年はどうなるのでしょうか。シラチャはご存知の通り、小さな町に密集して日本人街がありますから、食事やナイトライフには全く不自由しません。街自体が日本を向いていますので安心して滞在できると思います。

年末年始シラチャレッスンについてのご質問はお気軽にどうぞ。尚この企画はレッスン受講者(現在・過去)を対象にしておりますが新規の方もemailでお問合せ下さい。HPにお問合せアドレスがあります。
スポンサーサイト