FC2ブログ
 

タイ・バンコクゴルフレッスンBLOG

急に当たらなくなったら

コースラウンド中に急に当たらなくなってしまうことがあり、何とかしたいんですがどうすれば良いのでしょうか?という質問をされる方がおります。何とか当たっていたのが急に当たらなくなってしまい、どのように対処したら良いか分からないというケースです。

当たっている場合とは、ボールと体の距離感、ボールの位置、スタンスや肩の向きが正しい状態でリズム感良く振られていることを指します。

しかし正常な状態が何かの理由で狂ってしまうことが良くあります。例えば緊張した場面、ラウンド後半に疲れてしまい体が動かない、斜面にボールがある場合、ラフなどに入っている難しい局面になった場合です。

このような状況になった場合には下半身を使った本気素振りをする必要があります。素振りをしっかりしてどこにヘッドが着地しているか確認してみて下さい。ヘッドの着地点にボールが無ければ当たるはずがありません。ヘッドが着地した場所に正しくボールをセットして本気素振りと同じようなショットをすれば当たるという考えです。本気素振りの際はヘッドを必ず着地させて下さい。地面に着地しない素振りはしない方がましです。

何回もお話していますが、当たらなくなったらボールと体の距離感、ボールのポジションを今一度チェックする必要があります。当たらない場合は当てようという心理が働き、ボールに近く立つ、近く構えることが良くあります。このことが益々当たらなくなる原因となるのです。

ドライバーの場合はスタンスの中央部分にボールを置きたくなりますし、アイアンの場合は右足寄りにボールを移動したくなります。この状態でショットをすれば通常のボール位置より右側のボールを打つことになるため、ヘッドがターンする前、つまり開いた状態でインパクトすることになり方向性が取れなくなります。当然飛距離も出なくなり場合によってはチョロになる可能性があります。

当たらない状況になった場合は、冷静になりましょう。このような場合はリズム感も当然壊れていますので、ボールのポジションと肩の向きをチェックし、いつもよりゆったりとしたスウィングを心掛けます。

緊張した場面やラウンドの後半で当たらなく最大理由は、上体つまり手打ちスウィングになっていることに尽きます。正しいスウィングは、トップから右肘が下がりながら左軸足回転で体重移動することです。正常時クラブは普通にインサイドアウトに振られます。目標の右に振る感覚ですが、疲れてきた場合上体のみのスウィングになり、上体から先に切り返すため目標の左に振るアウトサイドイン軌道になってしまいます。

この状態ではどんどん悪循環になって行きます。アウトから振ることはダフりやすくなること、目標から左右両方向に飛ぶ可能性があること、左方向に行く場合は低いフックが出るようになります。そしてその後にはボールをしっかりコンタクトできなくなる空振りに近いチョロが待っています。

少しでも当たらないと感じた場合はまず、5-6回ジャンプして重心を下げて下さい。重心が上に来て上体スウィングになっていることを修正する必要があります。そしてボールポジションをチェックして下さい。距離と位置です。

このようなミスショットの原因をチェックし、上記のような対処方法でボールに向かえば大きなミスは無くなるはずです。

スコアをまとめるには、暴れない=大幅に曲がるボールを打たない、凡ミス=チョロなどのもう一度同じ場所から打つようなことをしない、ダブルスコア=パー4などで8-10などの大叩きをしない、グリーンやグリーン近くのショートゲームを重視することが大切です。
スポンサーサイト