FC2ブログ
 

タイ・バンコクゴルフレッスンBLOG

左肘を真直ぐに

多くのアマチュアの方はインパクトゾーンやその直後で左肘が曲がっています。結果はヘッドが低く遠くまで動かずに、すぐ左に入りながら上に上がってしまいます。ヘッドはインパクトでボールに対してカットに入るため、フェースのトゥ側、先っぽに当たります。この場合フェースが開くことが多くなりスライスの原因にもなっています。

今回は肘が曲がる原因とそれによって起こるミスショットへの対処方法をお知らせします。

インパクトで左肘が曲がるスウィングは、正面から見ると「腹切り」のように見えます。手がインパクトから体の左内側に抜けていくため、手打ちスウィングの典型でもあります。この動きは体の正面、つまりはスタンスの範囲内で、適切なヘッドターンをしていないことによる場合が多く、まずはインパクトゾーンで手が目標方向に動くスピードを遅くする必要があります。

いつも説明していますが、トップからダウンは手が真下に下がる動きです。決してボール方向に手が向かってはいけません。軌道がアウトサイドからインパクトする形になり、真直ぐ飛びません。手を真直ぐ下に下げた後、肘が伸びてきます。この時腰も回転しますので、インパクトゾーンでは腰が開き、肩がボールに正対している形になります。

腕が伸びてインパクトを迎える瞬間は、手首を使ってヘッドを走らせます。インパクト時は軽く左脇が閉まっていますので、ヘッドは自然にターンしていきます。インパクトゾーンやその後に左肘が曲がることで、正しいヘッドターンが出来ずにヘッドが遅れる現象が起こります。

正しいヘッドの動きは、体を中心とした緩やかな円運動となります。インパクトゾーンでヘッドターンが正しく行われた場合フォローではヘッドは多少クローズになり、体の側面に手が来ます。体の中心を軸にして遠心力でクラブを振っている訳ですから、ヘッドは構えた形で戻ってきます。正しいインパクトは芯に当たる確率をアップさせます。

インパクトゾーンやその後に左肘が曲がる方は、まずインパクトゾーンで手を早く振ることを止めて下さい。早く動くのは腰でありヘッドなのです。また腕やグリップに力が入っている場合は、ヘッドターンより先に手が早く動いてしまいます。ゆったりインパクトを心がけ、早くするのはヘッドや腰の回転であることをもっと認識して下さい。

初心者中級者に見られる典型的なスウィングは、ボールを手または上体で打とうとするものです。手で打とうとする動きが、左ひじを曲げている場合があります。杓っているような動きが正にそれです。

正しいスウィングは手ではなく、体の中心でボールをとらえることであり、遠心力でクラブを振ることなのです。体の動き、特に体幹は必要最小限の動きをすることでインパクトのあたり損ねを最小限にします。

ナイスショットとは上体や手でボールを打つのではなく、インパクトゾーンでヘッドが早く動き、ボールを芯でとらえることなのです。勿論インサイドアウトイン軌道でクラブを振り、真直ぐ遠くまでボールを飛ばすには、正しい体重移動が不可欠となります。
スポンサーサイト