タイ・バンコクゴルフレッスンBLOG

スコアをまとめたい、でも....

スコアをまとめる方法は過去から現在まで多くのことをお伝えしてきました。ですが中々スコアをまとめられない方のためにもう一度確認してみたいと思います。

スコアをまとめるには、スコアを乱す要素を排除することが大切です。これは当たり前のことですが一旦コースに出ると自分を見失うこともあり、スタート前の冷静な判断が難しくなっているように思います。

スコアを乱す要素

1.グリーン上での3-4パット
折角頑張ってグリーンに到達しました。何でもない傾斜を読み違えてしまう場合があります。なぜショートするのかなぜオーバーするのか考えて下さい。平らだと思っていてもそこにはわずかな傾斜がついています。大きくショートしたり、オーバーしたりするのは傾斜の読み違いが殆どです。グリーンには平らな場所がないと思って傾斜を読んだ方が良いでしょう。

2.アプローチのザックリとトップ
ドラーバーからアイアンまでまあまあのショットが連続しグリーン近くまで来ました。これを寄せて2パットでパーやボギーと思いながらアプローチをしますが、ザックリまたはトップをしてしまい、再度アプローチをしなければなりません。すぐそこにピンが立っているのに何とも勿体ない話です。

多くの方は短い距離のあまりヘッドアップが多く見受けられます。つまりヘッドが地面に着地し目標方向に滑っていくようなショットができないのです。近くなればなるほどしっかり地面を打ちたいものです。打ち方はフルショットと違い、地面を叩く感じではなく、ヘッドを滑らせる打ち方になります。いずれにしてもヘッドは地面に着地してフェースにボールが乗らなければなりません。ヘッドアップは絶対禁止です。

3.フェアウェイからアイアンが打てない
フェアウェイにボールがあり、グリーンまで100ydsの距離だとします。グリーンに乗れば後は楽勝と思いショットしますが、中々上手く行きません。大きくスライスやフックしたボールはバンカーに入ってしまいます。この距離はいつもレッスンで課題としてPWで打っています。なのにどうして本番で打てないのでしょうか?平らに見えるフェアウェイが僅かな傾斜をしており、その傾斜を平と錯覚しミスショットになる場合があります。

グリーンと同様に平らなフェアウェイは無いと思って下さい。このような傾斜地の場合の正しいショットは、練習場でボールの位置を変えて打つ練習をしなければなりません。マットの上のボールの位置はスタンスの中央から少し左になりますが、左足前や右足前にボールをセットして打つ練習が必要です。

斜面ではボールポジションが変化して当たり前です。高い方からヘッドが降りてくる場合は体の向きを変えるか、ボールの位置を調整する必要があることを忘れてはなりません。

4.ドライバーでは人が変わる
ドライバーの重量はシャフトにもよりますが、300g前後です。このような軽いクラブを正しい軌道で振るには力を抜いたスウィングでなければなりません。クラブが手から離れて飛んで行かない程度の力加減で握るのが正しいのですが、全く逆に思い切り強く握っている方が殆どです。多分この話になると自分のことを言われているように思う方が大勢いると思います。

何故強く握ると正しいスウィングにならないのかと言いますと答えは簡単です。肩に力が入り腰主導のスウィングではなくなるため体が突っ込んでしまう、右肩がインパクトで前に出る、結局軌道がズレてアウトサイドインになるということなのです。

そして強く握ることによりヘッドが走らなくなります。インパクトで手が先に出るスウィングですから、スライスが多くなり距離が出ません。グリップは軽く握り、スタート時、トップオブスウィングで手が止まった時、フィニッシュで体が制止した時にクラブの重みを感じることが大切です。

ゴルフを極めるということは、体の力の抜き加減を理解し、力を入れずにヘッドを走らせることに間違いはないようです。

スコアを乱す要素のお話をしましたが、機会があればラフやバンカーショット、池ポチャについてもお伝えしたいと思います。

スポンサーサイト