タイ・バンコクゴルフレッスンBLOG

体重移動とスウェーについて

殆どの方が正しい腰の使い方ができていませんので、体重移動とスウェーについて考えてみたいと思います。

例えばアイアンでショットをする場合、スタンスはほぼ肩幅で、体重は両足に均等にかかっています。バックスウィングを開始し、肩の捻転に伴いながら腰が自然に回転し体重は右に移動します。フルショットの場合クラブにもよりますが、トップでは殆ど100%体重が右足・右軸に移動します。

この右足・右軸への体重移動は、ダウンスウィングをスムーズかつ効果的に行うための重要な要因となります。トップで体重をすべて右足・右軸で受け止める必要がありますが、多くのアマチュアの方が右にスウェーしてパワーを大幅にロスしています。

腰を回転しながら体重を右足・右軸に移すところをスウェーしてしまい、パワーロスの他、腰を元の位置に戻すことが難しくなってしまいます。また腰が右に流れるスウェーによって、頭の位置が固定された場合リバースビボットと言う現象も起こります。

リバースビボットは,バックスウィングからトップにかけて本来右に移動すべき体重が左にかかってしまう現象です。

トップで左にかかった体重はダウンスウィングで右に移動してしまいますので、パワーロスなどという状況ではなくなってしまいます。ダフりやトップが起こりやすくなるためミスショットが出やすく、飛距離も落ちてしまう最悪の状況なのです。

正しい体重移動をマスターするには、バックスウィングと同時に左足を上げトップからの切り返しで左足を着地してインパクトするドリルが効果的です。何よりも体重移動をして左足が着地してからインパクトするため、左軸でスウィングすることを実感できます。

また体重を右に移す場合、右股関節と右足首の地面に対する角度が保たれていなければなりません。鏡などを見ながら腰やひざが右に流れないよう、体重をしっかり右で受け止めるよう練習することをお勧めします。

飛距離が出ないとお嘆きの皆さんは、正しい体重移動を心がけ、正しい腰の回転をマスターしましょう。腰をスウェーさせず、その場で回転すれば飛距離は自然に出てきます。スウェーをしない体重移動によって、上半身だけの腕力によるスウィングから早く卒業して欲しいと思います。
スポンサーサイト