タイ・バンコクゴルフレッスンBLOG

カオキオGCでレッスン

2016年1月24日(日)は初めてカオキオGCでレッスンを行いました。

9:00に練習場に集合しすぐレッスン開始です。クラブハウスから少し離れた場所にある立派な練習設備で、ネットが無い広大なドライビングレンジ、アプローチ、バンカー、パッティンググリーンがあります。勿論ショットはマットからではなく生芝からです。

一通りすべてのクラブでショットをした後、バンカーとアプローチパター練習も行い、昼食後にスタートしました。

コースは27ホールありますが、今日はA-Bです。ダイ・デザイン社による難易度の高いコースはコースレッスンの中でも、マネージメントやメンタル面を重視したショット練習には適していると感じました。

コース内はグリーンを含めて殆ど平らな所はありませんし、狭く見える景観、池がフェアウェイやグリーンに近いレイアウトなど、プレイヤーに圧迫感を与える素晴らしいデザインです。素晴らしいとは美しいプラス難易度が高いということを指します。傾斜地が多くショットが難しい上、景観でプレッシャーがかかるのですから、普通は委縮してしまいます。

ショットの難易度の一つである傾斜地の打ち方は簡単に言えば、斜面を理解し認識することです。緩やかな斜面なのに平らなつもりで構えた場合、ヘッドが構えた場所に降りてきません。クラブヘッドは、高い場所に最初に着地しますのでフェースにボールを乗せることができないのです。

スタンスをとるのがやっとのような、急な斜面の場合はまず打つ体勢としっかりとること、距離を求めるような大きなスウィングをしないこと、クラブの番手を下げてPWなどを使用することなどが大切で、距離より方向を重視する欲張らない考えが基本になります。

傾斜地のスウィングは素振りをして、ヘッドが着地した場所にボールがあることが大前提ですから、立ち方にも工夫が必要です。普通は斜面に自然に立つことです。

カオキオGCはバンコク周辺のコースと違い、アップダウンが至る所にあるため斜面の打ち方を学習する必要があります。つまりは斜面の打ち方を理解し、斜面に慣れなければナイスショットは出来ません。当然スコアもまとまらないことになります。

このことはグリーン上のパッティングにも同じことが言えます。ほぼ平らに見えるグリーンですが、殆どの場合傾斜があります。

一般的に300-400㎡のグリーンで平らな部分は数か所しかありません。カオキオGCのような傾斜があるグリーンでは、最初から平らな部分はなく、上っているか下っているかどちらかだと思えば間違いありません。平らだと思うからショートしたりオーバーしたりするのです。

スタート前に振っていた雨も上がり、今まで経験したことが無いような涼しいラウンドとなりました。9時から始まったレッスンは夕方5時前に無事終了しました。

長時間お疲れ様でした。

スポンサーサイト