FC2ブログ
 

タイ・バンコクゴルフレッスンBLOG

マンゴスチンとドリアン

タイは今一年で最も暑い季節だ。

最高気温は各地で38-39度となっているが、体感温度は40度以上になる。バンコクの地下鉄MRT駅やBTS駅で、女性が団扇を使っている光景は、今まで見かけたことが無かった。それくらい暑いらしい。

5月になれば少しは気温が下がるだろう。というのはそろそろ雨が多くなるからだ。雨が降れば大気中の塵も一緒に洗い流してくれるため、街中が爽やかな気持ちになる。

雨季の前の果物は、本当に美味しい。特に美味しいのはマンゴスチンだ。果物の女王と呼ばれていて、日本人が一番好きな果物である。暑いこの季節にはマンゴスチンを食べると体が冷えると言われている。

マンゴスチンは市場で1kg20B位(約60円)で15個ほど買える。街中の出店で30から40Bで販売されている。

味はちょっと酸っぱくて甘いとしか言いようが無いが、何しろ上手い。1kgは、あっという間に食べてしまう。この果物は厚い皮に被われているが、手で剥いて中身が簡単に食べれる。中身は白色で5個ぐらいに分かれている。そして1-2個に種が入っている。

雨季の前の4月がマンゴスチンの最盛期で、チャンタブリーなど南の地方から出荷されてくる。雨季に入れば中身が黄色い分泌物で、腐ったようになり品質は低下する。

マンゴスチンが果物の女王ならば、果物の王様はドリアンである。その独特の臭みが敬遠される場合が多く、ホテルや公共の乗り物への持込は禁止されている。

地元の人達の話では、3000Bのドリアンもあるという。高価なドリアンは匂いが少なく大変美味しいそうだ。初めてドリアンを食べる場合、安いものを食べるか、高いものを食べるかによって、好きになるか嫌いになるかが決まるケースが多いとの事。バナナ同様種類も数多くある。

ドリアンの味は濃厚の一語に尽きる。果物のイメージとしてさっぱり感があるが、ドリアンだけは全く違う食べ物である。果物というより、肉のような感覚がある不思議な果物である。

マンゴスチンやドリアンのほか、マンゴー、ランブータン、びわのような形をした酸っぱくて甘く種が大きいマッパーンなど沢山の果物が販売されている。

果物が好きな方は、4月にタイを訪問するのがベストである。

スポンサーサイト



コメント


管理者にだけ表示を許可する