タイ・バンコクゴルフレッスンBLOG

スコットランドゴルフ探訪 ゴルフの原点を探して その9

9.現存する世界最古のゴルフコース マッセルバラ・リンクス
http://www.musselburgholdlinks.co.uk/

CIMG1148_R.jpg

日本最初のゴルフコースは、1903年に英国人アーサー・H・グルームが兵庫県六甲に9Hの神戸ゴルフ倶楽部を作ったのが最古と言われています。世界的に見れば1903年から遡ることその約500年近く前にはもうゴルフをしていたようです。

ゴルフの起源には諸説あり、中国やオランダなどでゴルフに似た球技(遊び)が行われ、それがスコットランドに伝播したなどと言う説も存在します。いずれにしても今のようなスタイルになったゴルフの原点はエディンバラ周辺のリンクスであることは間違いないと思われます。

さてここマッセルバラ・リンクスですが、もうすでに1557年にはゴルフをしていた記録が残っているというコースですが、現在はその敷地が競馬場になっています。距離は短めでほぼフラットな地形ですが、フェアウェイやラフのアンジュレーションは結構あり、一見フラットですが、微妙なそして場所によっては大胆なアップダウンや傾斜があり、決して易しくはありません。

CIMG1151_R.jpg

CIMG1154_R.jpg
正面の四角い建物がハウスでグリーンフィはこちらで支払います。

ただ今までプレイしたコースのようなゴース(ハリエニシダ)やヒースのような棘のある固い低木がそれほど多くなく、他のリンクスコースに比べてプレイしやすくなっています。

今から450年以上前にここでゴルフが行われていた正に世界最古のゴルフコースは感慨深いものがあります。ここから英国各地そして世界中にゴルフが伝播されていった本当の意味のゴルフの原点と言えるでしょう。

CIMG1153_R.jpg
小さく深いバンカー

ちなみに世界最古のゴルフクラブは一般的にはR&Aロイヤル&エンシェントゴルフクラブ・オブ・セントアンドリューズと言われていますが、その創立は1754年です。しかしこれより遡る10年前に、ミュアフィールドを本拠地とする( The Honourable Company of Edinburgh Golfers)ジ・オナラブル・カンパニー・オブ・エディンバラ・ゴルファーズという会員制クラブがすでに誕生しています。

現在のゴルフルール・プレイについての規則は34ヶ条からできていますが、その基礎になっているのが当時に制定された13ヶ条なのです。

現在のゴルフルール(日本語)
http://www.jga.or.jp/jga/html/rules/rulebook/

次回は
10.抜群の景観 グレンGC です。
スポンサーサイト