FC2ブログ
 

タイ・バンコクゴルフレッスンBLOG

クラブを取替える意味

クラブを取替えることの重大性について考えさせられることがあった。


プライベートレッスンを受講しているK.Kさんは、最初Dメーカーのグラファイトシャフト装着、硬度Rの使いやすいアイアンを使用していたが、左に行くことが多くなった。


さらに上を目指しているため、アイアンを上級者用に取替えることとなった。Bメーカーの グラファイトのSシャフトが装着されたプロモデルを購入、使用した結果どうも思ったように打てず、安定感に欠ける。


近くのリペアショップで相談し、軽量スチールにリシャフトしてもらった。結果、飛距離は15ヤードダウンしたため、前のクラブの飛距離を出そうと振り回し、スィングが壊れてしまったのである。


スィングが壊れてからのレッスンであった。まずは、スィングを矯正しアイアンがスィングにマッチしていないことを理解してもらい、以前に使用のグラファイトシャフトRに変更することにした。


この後、少しずつスィングに安定感が出て、結果としてスィングスピードがアップすることを予想している。


ただ、このケースでは、いきなりスキルアップのためのレッスンを行なうのではなく、まずは自信を喪失させたスィングの変化を正しく分析し、理解してもらうことから始まる。


すっかり自信をなくしたゴルフに自信を回復させることは、焦らないケアとリハビリが不可欠であり、正しいスィングを身につけ、自信を取り戻すには、大変な時間とエネルギーを要することになる。


自信の無いショットはミスを誘発する。ゴルフで最も大切な要素のひとつに、「自信」がある。


 

スポンサーサイト



コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 

トラックバック