タイ・バンコクゴルフレッスンBLOG

上手くなりたい気持ちと現実

本当に上手くなりたいんでしょうか?皆さんの「上手くなりたい」にはいつも疑問符が付きます。

私がお勧めする上手くなりたいに対応する言葉は「目標設定」であり、その目標に沿った「継続練習」です。中々上手く行かないのが常ですが、諦めずにこつこつとしぶとくやるしか方法がありません。どんなのろまな亀でもこつこつやっていれば、必ず光が見えてきますし、目標にも到達できると信じています。

目標設定後に継続練習しても中々上手く行かない場合が多くあります。でも上手く行かないからと言って、途中で投げ出すのは目標を放棄したことになります。ゴルフも仕事も一緒です。投げた結果はどうなるか分かりますね。

今日は本当に上手くなりたい気持ちを持ってゴルフ練習に取り組んでいる方に「秘策」をお教えします。

ゴルフの上達にはモチベーションが大変重要です。目標設定は良い例です。そしてその目標は何のための目標かと言いますと、自分のための目標に他なりません。つまり目標は自分を高めるためのことで、それ自体が素晴らしいことなのです。

目標というのは簡単に到達できないものだそうです。簡単に成就できない。だからこそ苦しくても自分で考えて自分なりの取り組み方法や手段を考案しなければならないのです。

簡単にモチベーションを高め、やる気を出す方法をお教えします。それは一言でいえば「人前で恥ずかしい思いをする」ことです。恥ずかしい思いが反動となって、人並みまたはそれ以上のゴルフをしようとする気持ちが生まれます。

初心者は技術が劣っていても恥ずかしいことではありません。努力して練習を継続していれば必ず良くなっていきます。

しかしゴルフを始めてから何年も経過し、全然上手くなっていない場合があるとします。これは恥ずかしいことというより向上心を
失ったゴルファーですから、上手くなるという気持ちが無いのと同じですね。これはこれで仕方ないというか、コメントのしようが無
いですね。

努力しても中々成果が出ない、伸び悩みの方は以下を是非チャレンジして見たらいかがでしょう。

まずは知らない人と回る機会を自ら作ってみることです。知らない人と回れば誰でも緊張しますし、恥をかきたくないという気持ちも当然湧いてきます。

初めて一緒に回った人がとても上手く、反対に自分はいつもよりミスが特別に多かったとします。途中で止めたくなるような苦しいラウンドを経験したことになります。

この緊張し、恥ずかしく、苦しいラウンドの経験こそが次のステップアップに直結するのです。練習場に通いながらミスをクリアしよ
うと当然のように考えます。苦い経験した後の気持ちが上達のバネになるのです。

いつも同じような顔見知りと回ることは楽しいことです。

でもゴルフの上達という視点で考えた場合、ミスを重ねても周りは顔見知りでいつものメンバーであれば、恥ずかしい、嫌な思いをすることもありません。ラウンド終了後も「乾杯・お疲れ様でした」で終わってしまい、苦しいゴルフだったという気持ちも全く起こりません。これはコースラウンドに慣れ、ついでにミスにも慣れてしまっているのです。

このいつもと同じような環境下「漫然としたゴルフ」でミスをミスと感じなくなることこそが上達のための最大の妨げになること、そして目標を放棄していることになるのです。是非このことに気が付いてほしいと思います。

今伸び悩んでいる、または停滞している中級者以上の方々は、スコアがもっと悪かった時や初心者の頃を思い出して下さい。

あの頃はゴルフに純真な気持ちで取り組んでいましたね。そしてゴルフに行くのが楽しかった。でも一生懸命練習しても中々結果が出なかった。コースに行く前日の夜、緊張して中々眠れなかった。でも後から考えると、その時が一番上手くなった時期だったのです。

今後ゴルフは「今日はベストスコアを出そう」とか「練習しているアプローチの結果を出そう」とか何かラウンドの目標を持って臨ん
で下さい。そして漫然としたゴルフからは是非早目に決別して下さい。

スポンサーサイト