タイ・バンコクゴルフレッスンBLOG

ゴルフレッスンって?

ゴルフレッスンって?

レッスンを受講される方は全員上手くなるという目的意識を持って来られます。

ゴルフは上手下手を無視すれば誰でも簡単にできます。人と人との付き合いの中でゴルフは時として営業ツールであり潤滑油でもあります。やらないよりはやった方が良い、下手よりは上手い方が良いという構図です。

このような環境下ゴルフをしないでは済まされなくなって始める方が大半のように思われます。日本で全くゴルフに縁が無かったものがタイでは「必須」に近いものになっているのですから切迫感があります。

で周りの人達のお勧めでゴルフクラブを揃え、練習場に行きボールを打ちますがさっぱり当たりませんし、飛びません。周りの先輩たちは好意でアドバイスをしてくれますが、そもそも教えるというレベルではないため教えてもらう初心者は何を言っているのか、最初に何をすべきなのかさっぱり分かりません。

ゴルフの場合は、どうやってクラブを振れば良いかということではありません。まずはどのように体を動かすかということになります。この部分が一番間違いやすい部分であり一番重要な部分なのです。周りの人たちは自分の経験に基づいて教えようとしますので、体系的に指導するというより、どうやってクラブを振るかということを主体に教えようとします。

クラブを振る前にすべきことは、まず体幹部分を意識して、腕の動かし方や体重の移動方法を学ぶことが先決なのです。体が正しく動くようになれば、クラブを振ることがずっと易しくなりますが、最初からクラブを振るという発想でスタートした場合は上半身主体の体の動かし方になりますので、変な癖もつきやすくなり、正しい体の動かし方に戻すのが難しくなってしまいます。

今までの自己流練習では上達が望めないと確信(諦め)してレッスンを受講します。でも最も勘違いしているのはレッスンを受ければ簡単に真直ぐ遠くまでボールを打てるようになると思っていることです。

それも大変簡単に考えています。練習場で何日間か頑張ればすぐ打てるようになると勘違いしています。もし打てるようになってもすぐ忘れてしまうのが普通の人間ですが、忘れることを考えていません。スウィングは頭で理解し、体で覚える方法が効果的なのですが、繰り返し練習は苦手なのでしょうか。地道にコツコツなんてやってられないということなのでしょうか。何しろ諦めが早い人が多くいます。

ゴルフをマスターするには、自分をゴルフ環境の中に置く必要があります。日頃から室内で軽い素振りやパター練習をするなど、体をゴルフに慣れさせることが重要なのです。スウィングで最も重要と言われるスウィングリズムを身に付けるため、スウィングメトロノーム等でリズム感を身に付ける方法も重要です。やるべきことが沢山あります。でもこれらを殆どせずに「難しい」「やってられない」「だから簡単に諦める」になってしまいがちです。

ゴルフレッスンを開始した場合、自分の気持ちを整理することが大切です。簡単に到達できない目標に向かって取り組んで行こうという強い意志を確認することです。そして今まさにゴルフ環境の中にいる自分を認識し、日頃から地道な練習を継続し、どうすれば自分の能力を高めることができるのか真剣に考えることが重要です。

この世で何事も簡単に出来るものはそう無いことを自覚することが必要です。「やってみたけどできない」で止めてしまえば何も残りません。ゴルフに限りませんが、この先何か障害があっても強い意志と粘り強さがあれば、目標は何とかクリアできるはずです。

ボールを打つ前に、上手くなるという強い気持ちを確認してみて下さい。
スポンサーサイト