タイ・バンコクゴルフレッスンBLOG

ダフらせないこととダフらせること

2015年2月 親父の一言
「ダフらせないこととダフらせること」

通常のショットではダフりは禁物です。

アイアンのショットの場合、ダウンスウィングでボールの直近にヘッドが入り、ボールに当たった後ヘッドは目標方向に滑って出て行きます。この時にボールがヘッドのフェースに乗るため摩擦がおこりスピンがかかります。このスピンによって真直ぐ遠くまで飛ぶのです。

しかしヘッド(フェース)がボールに当たる時、ヘッドが先に地面に当たってしまいますと、ヘッドが跳ねられて正しくインパクトができないことになります。これがダフりです。

ダフりの原因はいくつかありますが、最も多いのがアウトサイドイン軌道でボールに当たることです。力が入った上体だけのスウィン
グの場合は、ヘッドの軌道が目標に対して右側(アウト)から入ってきますので、フェースが被ってしまいます。

これでは構えた時のフェースの向きと異なるためヘッドが滑ってくれません。正しい軌道はボールに対して緩やかなインサイドアウトイン軌道でなけれならないのです。緩やかなインサイドアウトインは緩やかな円軌道であり、ヘッドが最も滑る(突っかからない)軌道になります。

これと関連しますがトップで右にかかった体重が、切り返しで左に移動せず右にかかったままインパクトする場合、同じようにダフってしまいます。インパクトは左荷重になっていなければダフる仕組みなのです。

また女性に多い傾向ですが、トップからの切り替え時にすぐ肘が伸びる場合、またはすぐコックがほどけてしまう場合も同じようにダフってしまいます。でもこれは先に述べた二つより傾向としては少ないでしょう。コックを意識的に遅くする(右ひじを脇腹に付ける)ことにより改善されます。

正しいスウィング軌道で正しいインパクトを目指しましょう。

さてゴルフスウィングで逆にダフることが必要な場合があります。
バンカーショットです。

バンカーショットは、ボールの下の砂をボールと一緒に前方に打つショットのことです。意図してダフるショットをしなければバンカーショットは失敗します。

バンカーの正しい打ち方はクリーンに打つ方法と全く逆の方法でやれば成功します。

通常のショットでは、グリップのポジションは真中から少し左のハンドファーストです。手はハンドダウンにせずだらんと腕を下げた所にグリップが来ます。

これを逆にしますと、グリップは体の真ん中で、手を下に下げます。ハンドアップはクリーンにヘッドが入るため避けなければなりません。

この変則的な構えでバンカーからピンまでが、20ヤードの場合2-3倍の距離50-60ヤードをを打てば成功します。バンカーショットはヘッドが直接ボールに当たらないため飛びません。砂をグリーン方向に一緒に飛ばす感覚です。この理屈が分かればバンカーを恐れることはありません。

スウィングが大きくてもアプローチのように飛ばないことを理解することがバンカーショットの成功のカギになります。恐怖感が先に来ますので現場で練習する必要があります。

通常ショットはダフってはいけません。でもバンカーショットはダフる打ち方をしなければ成功しません。ちょっとややこしいですね。

使い分けを是非マスターして下さい。
スポンサーサイト