タイ・バンコクゴルフレッスンBLOG

自分のスウィング速度

2014年12月 親父の一言

「自分のスウィング速度」

皆さんは自分のスウィングの限界速度を知っていますか?ゆっくり(ゆったり)振った場合しっかり芯に当たるのに、力んで速く振ってしまうと途端にミスショットが出ることがあります。

ここまで振っても真直ぐ行くが、それ以上速く振ると途端に芯からずれてしまいミスショットが出てしまう、スウィング速度の限界のことで、限界速度と言われています。

PWなどショートアイアンは真直ぐ行くのに、長いクラブになると途端に当たらなくなる場合があります。なぜこのような現象が起こるのでしょうか。

体の中心部分を動かしながらクラブを振るのがスウィングですが、意外と腰の回転は初心者でも速くできます。体重移動という意味ではなかなか上手くできないのですが、その場でくるっと腰を回すことであれば初心者でも簡単にできます。

正しいスウィングは、腰の回転つまりは体重の移動にマッチしたクラブの操作がされなければなりません。ミスショットの場合は、ダウンスウィング時の腰の回転が速すぎてクラブの操作が合っていない振り遅れ現象が起こっているのです。

ダウンスウィングではヘッドが遅れて降りてきます。当たり前の現象です。インパクトゾーンで、ヘッドが手を追い越す形でヘッドターンをします。インパクトソーンでの手の動く長さは、数十センチですが、ヘッドの動きは数メートルの長さになります。このヘッドターンが腰の回転に合っていないことによりヘッドが遅れてフェースが開いてしまうのです。

グリップからヘッドまでの距離が長くなればなるほどヘッドが遅れやすくなります。ショートアイアンは打てるのにロングアイアンが打てない、ドライバーが打てないのはこのようなヘッドが遅れる=振り遅れ現象が起こっているのです。

また、力を入れて速く振ろうとすればするほどヘッドは遅れてきますので振り遅れ現象が発生してしまいます。

これを解消するには第一にグリッププレッシャーを弱めることです。強く握っていてはグリップから先のヘッドが全く走りません。ヘッドが走らないとインパクトでフェースが遅れて開くため、スライスまたはあたり損ねのボールしか打つことができないのです。

第二に自分の限界速度を知り、限界以内でスウィングをすることです。中級者から上級者になるにつれて、ヘッドターンが自然にできるようになりますが、最初の内はただ手を速く振ってヘッドが遅れるばかりで、芯に当たらないのです。

練習方法はただ一つゆっくり振ることです。ゆっくり振ってヘッドの芯に当てることをまずやってみて下さい。上手く打てるようになったら、段々と自分の限界速度をアップしていきます。最初から上手くできないのはゆっくり振るという発想が理解できないからです。

ゆっくり振っているように見える。でも真直ぐ飛んで距離が出るというのがスウィングの理想です。このことは自分の限界速度を知ってその範囲内で振っていることであり、ヘッドが走っていると言うことなのです。

スポンサーサイト