FC2ブログ
 

タイ・バンコクゴルフレッスンBLOG

真直ぐ飛ばしたい

ゴルフスウィングはゴルファーによって全く違うように見えます。

大きく振りかぶりスウィングする人やコンパクトなトップから大きなフォローで打つ人などスウィングは千差万別です。スウィングが人によって違ってもボールは不思議と真直ぐ行く場合があります。なぜこうなるのかと思うような超変則スウィングであっても不思議と真直ぐ飛んでいます。

この理由は簡単です。インパクトゾーンで正しいクラブ操作をしているからなのです。

セットアップからバックスウィングが開始されます。始動は肩から行い、グリップが右足を過ぎた地点でシャフトが地面に平行になる場所があります。ここでシャフトは目標を指すのが正しいポジションです。

このポジション=ハーフウェイバックが正しければ、トップの位置は「蕎麦屋の出前形」で収まりやすくなります。切り返し後、ダウンスウィングでクラブが下りてきた時も、シャフトが地面と平行になった時に目標を指し、フェースが開いていなければ正しいヒッティングが可能になり、ボールは真直ぐ飛んで行きます。

スウィングスピードは速いため、インパクトでフェース面を目標に直角に向ける意図的な動きは不可能です。そのためにハーフウェイバックの位置で正しいシャフトとフェースの向きが重要になるのです。

よくトップの位置が分からなくなったという声を聞きます。トップの位置はここでなければならないという位置は存在しません。最初に右腕が直立しひじが下を向いた「蕎麦屋の出前形」を作ります。あとは肩を90度捻転させた場所がトップの位置であって神経を使う必要はありません。おおよその位置で良いでしょう。

トップの形がスウィングにはそれほど重要では無く、セットアップからハーフウェイバック、ダウンスウィング、インパクト後のフォロースルーでシャフトが目標を向いているかどうか、フェースが開いていないかどうかが重要なのです。この部分は練習して身に付けることが肝要です。

ボールをヒットする場合、スウィング起動は緩やかな円軌道で左右が対称です。しかし多くの人は力んでスウィングするため、インパクトゾーンで力が入りすぎて緩やかな円軌道ではなくなります。殆どの人が上体中心の動きになるため、変則な左に振るような軌道になってしまいます。左に振ることはボールが引っ掛かるフック、カットに入りやすくスライスになる両方の可能性を生み出します。

真直ぐボールを飛ばすこと即ちスウィングを左右対称で緩やかな円軌道で振るには、インパクトゾーンで正しいシャフトの向き、フェースの向きを作ることです。力ますにクラブを振れば自然にできるでしょう。
スポンサーサイト