FC2ブログ
 

タイ・バンコクゴルフレッスンBLOG

100を切るために その4

100を切るためのその4は、ゴルファーのタイプの話である。

ゴルファーには、2つのタイプがあると思う。一つは安定型ゴルファーであり、もう一つは変動型ゴルファーである。

何の話かというと、スコアのことつまりゴルフの内容の話である。

我がゴルフ塾の会員は、安定型ゴルファーが多い。高値が続いて低値がなかなかでない。変動型はラッキーも多く、たまに良いスコアが出るタイプだ。もちろんこのタイプは大たたきをする際にはベストとワーストの差が大きく酷いスコアになる場合がある。

変動型にはバーディ(パーやボギー)が多く出ることがあり、実力以上のゴルフをすることもある。一方安定型は冒険をしない代わり、良いスコアも多くなく早い話満遍なく高値で行く。高値安定が続くため、安定型ゴルファーは、いつまで経っても上手くならないと錯覚する場合がある。

100を切るという目標は、大たたきを低く抑えるだけで達成が可能なのだが、慎重に行けば行くほど体が逆に反応してしまう。萎縮すると言えばオーバーになるが、特に下半身が止まるケースが多い。

緊張の中でプレイするには、環境変化に対応することが必要であり、練習場でシュミレーションを行ないながら、体をリラックスさせることを覚えなければならない。

安定型ゴルファーがこれから上達し、楽に100や90を切るようになっても、目茶苦茶なスコアになることは稀である。調子が悪くてもベストとワーストの差は少ない。

目指すゴルファーとして、どちらが良いのか皆さんの判断になると思うが、安定型は体で覚えることは苦手だが、一度習得してしまえばしっかり覚えるえていることが多い。

真面目な安定型ゴルファーは、焦らないで欲しい。


スポンサーサイト



コメント


管理者にだけ表示を許可する