タイ・バンコクゴルフレッスンBLOG

「私の練習」

2014年10月 親父の一言
「私の練習」

平日のシラチャではレッスン前にボールを購入して練習します。今日はその練習内容をお知らせします。

10年間チャレンジしてきたシニアツアーは最近卒業しました。現在はたまにある試合に出るのみで、少しモチベーションが下がっています。コースラウンドは以前は週一回以上でしたが、最近は二週間に一回程度にダウンしてしまいました。

正直なところあまりゴルフをしたいと思わなくなったのです。ですが練習は継続しています。このゴルフに対する気持ちの変化は、一過性のものでそのうちまたやる気が出るものと信じています。

さてコースに出る頻度は下がりましたが、練習頻度は下がりません。平日4-5日殆ど毎日120-240球は打っています。ゴルフスウィングは如何にしてクラブを操作するかではなく、タイミング良く如何に体を動かすかがポイントになると思います。

体の動きを確認する(忘れない)という意味で練習を継続しているのです。

ボール120-240球の内、6割は50ヤード未満のアプローチに使います。52度と58度を使い、距離を変えながら、高い球低い球を打ち分けます。10-30ヤードはコースでは重要な距離ですのでこのあたりがアプローチ練習のメインになります。

残り4割はPWと8番アイアンです。ハーフショットとフルショットを方向を変えながら打ちます。練習場では同じ場所に何十球も打つのは好ましいことではありません。ターゲットを変えながら練習すべきです。

ドライバーはおまけに10-20球です。一番易しいクラブですので安心感を持って気持ち良く振ることが大切です。ドライバーは手加減すると一番曲がるクラブですので、大振りをせず、必ず振り切ることが大切です。距離が出るということは、ミスショットした時には大きく曲がるという側面を持っています。

ショットは一球ずつ考えながら打つ必要があります。しかし一方では何も考えず、ただ打ち続けることも必要です。今はスウィングを改造する必要がないため、スウィングリズムを確認しながら、打っています。何も考えずただ打ち続けることが体の動かし方の確認をしていることになります。

皆さんもこの練習方法を試してみたらいかがでしょうか。
スポンサーサイト