FC2ブログ
 

タイ・バンコクゴルフレッスンBLOG

「雑なゴルフと丁寧なゴルフ」

2014年9月 親父の一言
「雑なゴルフと丁寧なゴルフ」

今回は「雑なゴルフと丁寧なゴルフ」の話です。ゴルフのコースラウンドは物語=ストーリーであると言われる場合があります。雑なゴルフをしていては、ストーリーにならないという話です。

朝一スタート地点=ティインググラウンドで、どこにどのようなボールを打つのか計画を立てます。当然避けるべき方向もチェックした上です。

素振りをした後呼吸を整えてスウィングします。スウィング時にボールに向かい合ってからはあれこれ考えません。最も注意すべきポイントを一つ決めて無心で振り切ることが大切です。

ショットのあとは、ナイスショットした場合もミスショットした場合も必ずスウィングのチェックをすべきです。何が良かったかまたは何が悪かったかのか一つか二つの原因を特定します。

単純に良かった悪かったでは、データの蓄積にはなりません。ショットの分析を行い、頭や体に自分のショット(ゴルフ)データを作る必要があります。

このデータは将来起こ得るショットをする際の判断要因となります。難しい言い方をしましたが、簡単に言いますと困った時に、「どうすれば良いのかと考える」のと「どうすれば良いかが分かる」という大きな差異となります。

本題の「雑なゴルフと丁寧なゴルフ」はもうお分かり頂けたと思いますが、一般のアマチュアの場合逆になっているように思えます。

雑になっているのはティインググラウンドまたはフェアウェイやラフでボールに向かい合う時です。状況判断をしっかりした上で目標を立てますが、この時点がまるで雑になっています。

特にミスショットをした後の難しい状況でのショットに対して、あまりにも簡単に打ってしまいます。もっと丁寧にしなければならないのに、さっと立ってすぐ打ってミスをしてしまうのです。

丁寧とは状況判断をするための情報を収集することを言います。そして正しい情報に基づいてのショットはそこそこナイスショットになります。特に難しい状況では完璧なショットでなくても良いのです。

丁寧にすべき所で雑にしている場面は他にも沢山あります。アプローチショットやパターの場面です。特にパターは、一打のミスが次のショットでリカバリー出来ないため一打がすぐスコアに反映します。

このような重要な局面では丁寧に行くべきです。ラインを読むことについては、間違っていても仕方ありません。でもラインをしっかり読んで=目標を立てショットするのは、いきなり打ってしまうのとは大差があります。

パターの場合は必ず反対側からもラインを確認すべきです。片方からスライスに見えても反対からは逆に見える場合があります。判断できない場合は、キャディと相談したら良いでしょう。でも決めるのはあくまでも自分です。

また、時間をかけなくて良い場面では時間をかけず早くやってしまうことです。一方難しい局面では、時間をかけて情報収集し、目標を立て、決断しショットをするという流れになります。

初級者と上級者は「雑なゴルフと丁寧なゴルフ」がほとんど逆転しています。上級者を目指すかたは雑なゴルフを卒業して、丁寧なゴルフを心がけましょう。
スポンサーサイト