タイ・バンコクゴルフレッスンBLOG

ヘッドが走らない

親父の一言

「ヘッドが走らない」

このコーナーでは何回も「ヘッドを走らせる」ことの重要性についてお話してきました。中々上手くいかないようなので、今回も同じテーマについてです。

なぜ「ヘッドを走らせる」のかと言いますと、力を入れずに真っ直ぐ遠くまでボールを飛ばすためです。

ヘッドが走らないとヘッドスピードが出ないため、体重移動(腰の回転)に沿ったクラブ操作が行われずヘッドが遅れることになります。ヘッドはクラブの最先端にあるため手元が速く動くと(速く振ってしまうと)体が先に開いてヘッドが遅れる現象が起こるのです。ボールは擦ったようなスライスになります。

ヘッドを走らせる動きを体感する方法は、クラブを逆にしてヘッド側を持ちます。PWなどの短いクラブが良いでしょう。右手3本(親指人指中指)でクラブをつまむように短く持ちます。小さなスウィングでクラブを振ってみます。右脇が開かないようなハーフ以下の振り子スウィングです。

右グリップが体の正面に来る前(右足前)で、スッと右手首を止めてみます。すると手が止まったことによってヘッドが自然に返ります。手首が少し折れたような形になりますがヘッドターンは自然にできます。これが「ヘッドが走る」現象です。

要は手元=グリップをインパクト直前で止める(急ブレーキをかける)動きがヘッドを走らせる動きになります。

これを実際のスウィングでやってみましょう。両手は柔らかいグリップでクラブを支えています。最初はあまりスピードが出ないハーフショットが良いでしょう。

ダウンスウィングで右肘が脇腹に触れて右腕が伸びる途中でグリップを止めてみます。スタンス幅の中でグリップが止まり、ヘッドが目標方向に動くことを実感して下さい。最初は慣れるまでいつものスウィングスピードの50%程度で、ゆっくり行います。

ハーフショットでヘッドが走ることが実感できたら徐々にスピードアップしますが、スピードアップする対象は「ヘッド」であることを忘れないようにして下さい。

スライスになり距離が出ない場合は、殆ヘッドが走っていないと言って良いでしょう。「ヘッドを走らせる」には、今やっているような振り方で手を速く動かすのではなく、逆に手を止める動きが不可欠です。

手を止めることはヘッドターンがスムーズにできることとイコールです。軽く振ってヘッドスピードをアップする方法は、インパクトゾーンで「手を止める」ことなのです。
スポンサーサイト