FC2ブログ
 

タイ・バンコクゴルフレッスンBLOG

メンタル面の強化 その1

ここはゴルフコースのNO.1のティグラウンドだ。同伴者は盛んに素振りをしている。一体彼らの胸中は何を考えてどんな風になっているのだろうか?

自分はゴルフ歴30年のシニアプロである。ティグラウンドですることは、レッスンの受講者がナイスショットすることを祈るばかりである。その後は自分のショットは、目標地点を確認し、いつものスィングするだけだ。

NO.1ホールのティショットはこれからラウンドする最初のホールであり、最初のショットである。これからの流れを作るために良いショットを打っておきたい。

しかしながら、NO.1のティショットを失敗するゴルファーが非常に多い。練習場では50%の確率でナイスショットが打てるのに、なぜいつも失敗してしまうのか。不思議であり、可哀想でもある。

考えられることは、プレイヤーの気持ちが優しすぎること(?)、ネガティブ発想が多すぎることによる。「ここのホールはいつもチョロする」とか「ここを失敗したらあとはズーッとダメだ」とかマイナス志向の発言をする人がいる。聞いてもいないのである。

こんなことを考えたり、口に出したりしているようでは、失敗して当たり前だ。口に出すことで本当に悪いムードに浸ってしまうのがネガティブスィンキングなのだ。

ゴルフは練習も含めて、ネガティブでは良い結果が出ない。常に前向きに考えていくことが絶対必要だ。

例えばティショットをスライスし林の中に入ったと仮定しよう。ネガティブな発想では、「アー、またやってしまった。いつものスライスが出てしまった。このホールはダメだな。どうして俺はいつもダメなんだろう」となってしまう。

一方ポジテブ発想は、「アーやってしまった、原因はいつもチェックしているあれだな。次はしっかりナイスショットしよう。それはそうと、フェアウェイにしっかり出してこのホールはボギー(ダボ)であがろう」

と両者では大きな差が出る。これをいつも繰り返していれば、ネガティブ派とポジティブ派では大きな差が出てしまうのは当然のことだ。

ゴルフはメンタルスポーツと言われる。メンタルとは様々な考えがあるが、まずは自分のマイナス志向を改善し、ポジティブに考えてみよう。

お金も時間も掛からないメンタル強化策である。

スポンサーサイト



コメント


管理者にだけ表示を許可する