タイ・バンコクゴルフレッスンBLOG

親父の一言 「自分の技術に合った攻略法を考える」

親父の一言 2014年2月

「自分の技術に合った攻略法を考える」

コースレッスンに参加された方にはコース内でラウンド中に色々なレッスンを行います。

ゴルフは単なる技術習得ではなく、コースマネージメントも非常に重要です。例えば180ヤードのパー3のホールがあるとします。技術的上位者は、5番アイアンなどを手にしてピンを真直ぐに狙っていきます。

ですが100を切ることが目標の人達は、このホールをどのように攻略するのでしょうか?この攻め方と同じで良いのでしょうか?答えはノーです。

コースでラウンド中は、自信があるクラブや真直ぐ行くクラブしか手に出来ません。成功体験が少なく、明らかにミスをするようなクラブを持って無謀な攻め方は絶対避けるべきです。無理することにより大叩きという過酷な仕打ちが待っています。

ではこのような状況では、どのようにコースを攻略したら良いのでしょう。答えは簡単です。「刻むこと」です。上位者はパーが当たり前とすれば、初中級者はパーでなくても良いのですから、180ヤードを2回で乗せればよいのです。いつも練習している8番アイアンとアプローチです。アプローチが上手く行けば、パーもあります。刻むことに是非慣れて欲しいものです。

ゴルフはハンディキャップシステムと言う考え方により、初級者でも上級者と同様にゴルフを楽しむことができます。ハンディキャップは最初は沢山もらえますが、上達するにつれて少なくなっていきます。沢山ハンディがあると言うことは、ゴルフ技術が未熟だと言うことを意味しますが、それ自体は恥ずかしいことではありません。

ただ、パー3などのホールで刻む場合は要注意です。慣れるまでは長いクラブを持ってコントロールショットするのではなく、自信のある短めのクラブでフルショットすることです。この方が曲がる確立は低くなります。重要な場面でクラブをコントロールすることは思っている以上に難しいことなのです。

誰でも最初は初心者そして中級者です。経験を重ねて上達していく訳ですから、「今は発展途上」と言う考え方でゴルフに取り組んでみたらいかがでしょう。


スポンサーサイト