タイ・バンコクゴルフレッスンBLOG

親父の一言 「腕を振っていませんか」

あなたは腕を振っていませんか

ゴルファーの多くは、いかに体を大きく動かしながら遠くに飛ばそうと考えます。ゴルフスウィングは体を大きく動かしながら、腕を振ると誤解しています。

これは腕を大きく振ればクラブのヘッドスピードがアップして遠くまで飛ばせるというイメージがあるからです。

現実は全く逆で、体幹部分を大きく動かさず、腕の動きは最小限にすることです。

どういうことか説明しますと、ボールを打つのはインパクトゾーンです。

インパクト入り口でシャフトが地面と平行になり目標を指します。インパクトでは殆ど構えた時の再現になり、体重は左に移動し腰が開いています。肩はボール方向つまり正面を向いています。そしてインパクト出口です。シャフトが地面と平行になる位置で目標を指しています。

このインパクトゾーンで腕はどのように動いているのでしょうか。

左腕はずっと真直ぐです。問題は右腕ですが、ほぼ真直ぐ構えた腕がトップオブスウィングで90度になるだけです。そしてインパクトゾーンでまた真直ぐになってボールをヒットするのです。

つまり両腕を真直ぐ伸ばしクラブを持ちバックスウィングで右腕だけ曲がりインパクトで伸びるだけの動きなのです。

腕が少ししか動かないことを体感して見ましょう。

真直ぐ立ってクラブ(PWなど)を持ち、軽く脇を締め両腕を伸ばします。腕を地面と水平にし、シャフトを立てます。(このまま前傾でセットアップポジション)そのあと腕を地面と平行のまま体を右方向に捻りながら、右腕を90度曲げます。トップです。トップの位置から、腰主体で体を正面に戻しながら右腕を伸ばします。

シャフトは上を向いたままです。右腕は正面直前で伸びます。ここがインパクトです。その後両腕が伸びたまま、腰は左方向に回転します。肩は腰から遅れて回転します。

このようにクラブを持ち上げてスウィングを再現しますと、腕が殆ど動いていないことが分かります。また、体から手が大きく離れていないことが分かります。

スウィング中の腕や手の動きは、右腕を曲げて伸ばすだけの動きです。15cm-20cm位の動きはありますが、ほんの少しなのです。

実際のスウィングではバックスウィング後半でトップに至る過程で、手(腕)を少し持ち上げる動きが入りますが、それでも15-20cm以内です。腕が殆ど動いておらず、かつ体から離れて行かないことが良く理解できると思います。

正しいスウィングは、適切な体重移動プラス右腕の曲げ伸ばし動作プラスインパクト直前の僅かな手首の動きの組合せ動作なのです。

スウィングで振るのは腕ではなくクラブであることを確認して下さい。



年末年始のチェンマイレッスンを募集中です。お問合せ下さい。
http://thaigolflesson.blog73.fc2.com/blog-entry-351.html
スポンサーサイト