タイ・バンコクゴルフレッスンBLOG

乾季になりました?

年末年始のチェンマイレッスンを募集中です。お問合せ下さい。
http://thaigolflesson.blog73.fc2.com/blog-entry-351.html


タイの10月は日本同様大荒れの月でした。日本では台風が連続発生し、大きな被害を各地にもたらしたようですが、タイでも一部で洪水が発生しました。

2011年の洪水は、雨季終了時にタイ北部にあるダムの貯水量が予定量を大きく上回ったため、放流したことがその原因とされています。バンコク周辺は連日の晴天にも拘らず、洪水が徐々に南下して大きな被害をもたらしました。

今回は一時的に降った大量の雨水が平坦地で行き場を失い、冠水した洪水でした。すぐ近くではアソークの交差点で一時的に1m近く道路が冠水し交通障害が発生していました。この冠水は翌日には解消されたようです。

またチョンブリ地区のアマタ工業団地ではやはり道路が冠水し、工場内に流入されると警戒されましたが何とか難を免れたようでした。プラチンブリ工業団地も同様でした。

2011年の洪水による日系企業が大きな被害をうけ、折角チョンブリ地区やプラチンブリ地区に移転したのにまた洪水被害ではあまりにも悲惨です。今回の洪水は大きな被害にならず安心しました。

今年の5月から毎週水・木シーラチャのBSCでレッスンをしていますが、今回の冠水による道路渋滞などがあり、10月16日と17日はお休みとさせて頂きました。16日はバンコクからBSCまで問題なく行けたのですが、レッスンを受講している方が道路冠水で迂回しなければならず、またそれに伴って発生した大渋滞でレッスン時間に間に合わないと言うことでした。

こんなことがあって、今月末になりましたが朝は快晴状態です。もう乾季になったんでしょう。少し肌寒い感じがします。

例年ですと、これから3ヶ月間は全く雨が降らずゴルフは快適にできます。年末から来年にかけては、空気が粉塵等で霞がかかった状態になりますので晴れてはいますがどんよりしたような空になってきます。

ゴルフ場の芝も大変です。雨が全く降りませんので頼みはスプリンクラーによる水分補給しか手立てがなくなります。表面的な芝の力も雨季に比べて弱々しく見えますが、実際は余分な水分を与えないため、芝の力は逆にしっかりしてくるように思います。グリーンのスピードはこれからアップしてきます。

乾季になりますと海外からタイに多くのゴルファーが訪れます。日本人も多いのですが、韓国人が特に冬場に集中します。一ヶ所に滞在し集中してプレイやレッスンを受ける韓国スタイルは、日本人には真似が出来ません。

日本人は朝はゴルフ、ゴルフ終了後はタイマッサージ、そして食事を楽しみカラオケのフルコースを好みます。山の中のゴルフコース付帯のロッジに宿泊してゴルフに専念というのは欲張りな日本人には合わないんでしょうね。
スポンサーサイト