FC2ブログ
 

タイ・バンコクゴルフレッスンBLOG

100を切るために その3

100を切るためのその3は、アイアンのことについて話したい。

アイアンショットは一般的には、ショートホール(パー3)を除けば、ドライバーの次に打つ。

ティショットの後、ついドライバーショットのイメージで振り、ダフってしまうことがある。本来はダウンブローに打たなければならないショットをアッパーに打てば手前からボールに当たるのは当然のことである。

ショットの前にスィッチの切り替えが必要になる。ドライバー以外はFWも含めて、ダウンに打てば球はロフト通りに良く上がる。

グリーンに近くなってからのダフリやトップは多い。この場合の原因はルックアップが殆どである。どんなに短い距離であってもアイアンショットはダウンブローに打ち、前傾角度がキープされていなければ正しいショットが出来ない。顔を残し、インパクト後も腕が伸びてボールの左が打てているうちは、ボールはそんなに曲がらない仕組みなのだ。

但し、ラフに浮いている場合は注意が必要だ。ダウンに打つと達磨落としのようになり、距離が全くでないショットになる。クラブを少し短めに持ち、ダウンの度合いを小さくする、多少レベルに振る必要がある。

アイアンを使いこなすには、フルショットだけではなくハーフショットを練習すればよい。例えば150ydsを7番でフルショットをした後、100ydsをハーフショットで打つ練習が良い。林から低いボールでグリーンを狙う状況や強いアゲンストの時など、非常に有効なショットになるので日頃から練習しておけば必ず役に立つ。

ドライバーもアイアンもフルショットばかりではなく、ハーフショットを練習し、ボールをコントロールするという発想が基本だ。コントロールされたボールは、自分が思った方向や距離に飛ぶものである。

スポンサーサイト



コメント


管理者にだけ表示を許可する