タイ・バンコクゴルフレッスンBLOG

親父の一言 2013年9月 今何をすべきか

今何をすべきか

100または90(80)を目前にしてどうしても壁を乗り越えられない場合があります。今何をすれば壁を乗り越えられるのか考えてみたいと思います。

まず考えなければならないのは、問題が技術面なのかメンタルまたはマネージメントなのかです。

技術面に問題があると言うのは、平常時例えば練習場で100-130ヤードの距離を50-60%の確率で真直ぐ打てるかどうかが基準になると思います。100ヤードを半分以上真直ぐ打てないのであれば、メンタルやマネージメントと言うより、スウィング形成などの技術向上に執着すべきです。

これがクリアできていて、つまりは練習場では何とか打てるのに本番で力が発揮できない、ナイスショットの確立が極めて低いと言う事であれば、メンタル面を強化すべきあり、マネージメントを学習しなければなりません。

練習場と全く違う自分を分析し、練習場と同じメンタル状態を作る必要があります。一般的には慣れが必要などと言われますが、本人にしてみれば慣れ以前の問題に思えてきます。いつもは出来るのにコースで何で上手く行かないのだろうと悩みます。考え方やちょっとしたマネージメントのヒントが転がっていますが、本人は気がつかない場合があります。

コースに出た場合、順調にラウンドしていて、突然大叩きすることがあります。この場合は、全てのショットが上手く行かないということではなく、特定の何かが大叩きの原因を作っていることを分析し理解しなければなりません。安定したスコアメイクを目指す場合には、自分のスコア傾向やショットの分析が重要になってきます。大叩きがスコアメイクを阻害しているのですから、原因を分析しそれを徹底的に練習すれば問題はクリアできるのです。

練習から遠ざかってコース主体の方は、ミスの原因は何となく分っているのですが、それ以上追究して取り組むことをしていないように見受けられます。

ゴルフを真剣にやろうと思えば、現状分析が欠かせません。コースばかり回って練習をしない人がスコアが悪いからと言って悩むことはありません。コースばかり行ってスコアが良くならない、原因が分っているのに練習してそれをクリアしないと言うことは、スコアを良くする意志がないことと同じです。

スコアを良くしたい、もっと上手くなりたいという方はもう一度お考え下さい。上手くならないのは殆どの場合運動神経やセンスの問題ではなく、取り組み姿勢や気構えに問題があり、目標設定が出来ていない場合が多いのです。目標設定が正しくできていなければ、練習する気持ちも薄れてきます。

壁を乗り越えられない場合は、今一度正しい目標設定を行い、真剣にゴルフに向かい合ってみたらいかがですか。
スポンサーサイト