FC2ブログ
 

タイ・バンコクゴルフレッスンBLOG

「親父の一言」2013年6月 フィニッシュとは?

フィニッシュとは?

スウィングの最後にはフィニッシュを取りましょうと言われます。

どういうことかと言いますと、正しいスウィングが行われる時には、正しいフィニッシュがとれていなければならないという意味でもあります。

今回はフィニッシュの意味を考えてみたいと思います。

無理の無い力配分で、スウィング軸がキープされたスウィングをしますと体重移動が適正に行われます。

インパクト後の体重は、完全に左に移っています。これはクラブをスウィングプレーン上で左右対称に操作した結果であり、必要最小限の体の動きで最大限ヘッドを動かしている結果でもあります。

セットアップからバックスウィングがスタートします。バックスウィングの意味はヘッドがボールをインパクトするために必要な反動をつける動作です。反動はクラブ操作の他、上体の捻転と、体重を左から右に移すことで行います。

その後スウィングはトップから切換し動作を経てダウンスウィングとなり、インパクト後フォロースルーを経てフィッシュとなります。スウィングはインパクト後の惰性でフォローとなり、スウィングの終了動作がフィッシュです。

フィニッシュでは100%左足荷重で右足には体重を残しません。腰は完全に目標を指しています。手は左耳と左肩の近くにあり、そして動作が停止します。

インパクトからフォローでヘッドが止まる方は、是非最後のフィニッシュまで体を動かして下さい。打ってお終いという方は、上体中心の手打ちの方が多く、体重移動が上手く行っていない場合が多いようです。

インパクトでお終いのスウィングは、スウィングと言うよりボールにヘッドを当てている動作であり、ヘッドに当たっている時間が短いためボールは真直ぐ飛びません。

一方AWやPW等のような短いクラブでは、スウィング自体が小さいため、体の動きはドライバーほどダイナミックではありません。このような場合は、トップ・フィニッシュとも小さくなります。

正しいスウィングの最後はフィニッシュです。そしてドライバーからアプローチショットまでゴルフスウィングにはフィニッシュが不可欠なことを理解して下さい。

もしフィニッシュが取れない場合は、スウィング自体が力みすぎていることが多く、体重移動が適正に行われていないことをチェックして下さい。

出来ない方はフォロースルーから少し減速しながらフィニッシュをとる形を覚えましょう。そして練習しフィニッシュをとることに慣れて下さい。
スポンサーサイト