FC2ブログ
 

タイ・バンコクゴルフレッスンBLOG

朝一で絶対ミスしない方法とは

「親父の一言」2013年4月

朝一で絶対ミスしない方法とは

朝一番にティショットを打つときは、誰でも緊張すると思います。この緊張感をクリアしナイスショットを打つには、コースに早く行き練習場でボールを打つことをお勧めします。ボールを打って体が解れて来たらゴルフが出来る体制になりますので安心です。

ボールを打てない場合はどうしますか?アプローチまたはパターを事前に練習して下さい。何もしないですぐスタートすることは、体と気持ちがゴルフモードになっていない、つまりは戦闘体制になっていないため、朝一のショットではミスが起こりやすくなります。

朝一のショットで重要なことは一つです。いつも練習場で打っているショットが出来さえすれば良いのです。

いつものショットでなくなる最大要因は、緊張感です。

緊張感をほぐす方法は、目標地点に集中することです。周りは気にしないことです。そして殆どの場合緊張しますとトップが浅くなります。フルショットの90度肩が入ったトップではなく、45-60度位で手の位置が極端に低い位置から打つことになります。いつもこのような練習はしていませんので、当然真芯には当たりません。

浅いトップはリズム感も早くなっています。いつもよりゆったりしたテンポを心がけたら良いでしょう。朝一のドライバーは、取り合えず真直ぐ行けば良しとすべきであり、多くを望まないことです。よーし今日は飛ばしてやろうと力が入りチョロになってしまうことは絶対に避けるべきです。

朝一のティショットを成功させる方法のおさらいです。

1.事前に練習場でボールを打ち体を解すと同時に、気持ちをゴルフモードにすること
2.緊張することで十分肩が回らない、体重移動ができないなどが起こることを予め想定すること
3.いつもよりゆっくりしたテンポで充分肩を回すこと
4.ナイスショットはそこそこ行けば良いと考えること

どうですか?このように考えると気持ちが楽になりませんか。練習場でボールが打てるのに本番で上手く行かない方は、是非やってみて下さい。次回にはきっと成功しますよ。
スポンサーサイト