FC2ブログ
 

タイ・バンコクゴルフレッスンBLOG

インパクトからフォローにかけて

前回はトップでの切換し動作のお話でしたが、理解できましたか?今回が今年最終の更新になります。

切り返しで、手が右足方向に真直ぐ下がりながら体重移動をするという動作ですが、良く理解できないかもしれません。この動きは「マジック・ムーブ」と言われる目に見えない動きですので、良く練習して下さい。どうしても上手く出来ない場合はご連絡下さい。

さてトップから切換し左腕が地面と平行になる位置まで下がりました。ここからインパクトする体勢ですが、これ以降も腰主導で体重が左に移りながらインパクトします。しっかり肩が入ったトップから手が真下に下がり、腰主導で体重移動が行われていますので、インパクトまではインサイドにクラブが振られます。

インパクトゾーンと呼ばれる「シャフトが地面と平行になるインパクト前の位置から、インパクトにかけてさらにシャフトが地面と平行になるインパクト後の位置」では必ず腰が先行していなければなりません。またシャフトが地面と平行になるインパクト前と、シャフトが地面と平行になるインパクト後で「シャフトは目標」を指さなければ正しいインサイドアウトイン軌道にはなりませんしボールは真直ぐ飛びません。

インパクトでは肩がボールに正対し、腰が開き体重が左に移っています。(左軸で回転)この時に大切なことはルックアップ(ヘッドアップ)と言われる目標を早く見すぎる=頭を動かす=早く起き上がる動作を抑えることです。

頭は軸の中心と言う考え方がありますが、インパクトで頭が動いてしまっては折角のパワーがボールに伝わりません。

インパクト時の頭の位置は「Behind the Ball」という言葉の通り、頭は常にボールの手前=後方にキープしておく必要があります。インパクト時に、頭が目標方向に動くことによりスウィングミスやパワーロスが起こるのです。

トップで右軸に乗り、インパクトで元の位置に戻り、インパクト後は左軸に乗っていきます。これでインサイドアウトインの正しい軌道でボールをヒットできるのです。

インパクト以降の起き上がり動作の考え方は、スウィングが速い場合(長いクラブ)では、頭(体)が起きるタイミングが自然に遅れます。一方同じリズムで振っても、AWやSWなどの短いクラブはゆっくり振ることになります。このようなスウィングでは、しっかり頭を残してと言うより自然に頭(体)を上げた方が良いでしょう。

トッププロのインパクトからフォローにかけての写真が雑誌に載っています。腰は肩より早く開いており、頭は残っています。そして両腕はしっかり伸びて目標を指しています。インパクト後は肩より腰が早く回るため、グリップエンドがへそを刺していることに注目して下さい。

宮里藍プロ
A.Miyazato


この後は腕が伸びたままフォローをとり、体が自然に起き上がります。そして最後は脱力したフィニッシュで、左足に100%乗った体勢で静止します。うーん!これはナイスショットですね。


明日からチェンマイに移動です。
2012年は皆様には大変お世話になりました。
2013年が皆様にとって飛躍の年になりますように。
来年もよろしくお願い致します。

スポンサーサイト