FC2ブログ
 

タイ・バンコクゴルフレッスンBLOG

トップからの切換し動作

前回に引き続きます。

しっかりと肩が入ったトップ=左肩が顎の下に収まることは、体重が全部右にかかることを意味します。でも頭は元の場所にあります。右軸に乗ると言うことは、直線運動で腰が右に流れやすくスウェーしやすい動きですが、右足・右膝を絞るなどの工夫でスウェーしないように注意しましょう。腰を止めずに上体に引っ張られて回転する動きをすればよいでしょう。バックスウィングはあくまでも主体は肩です。

トップの右手の位置は「そば屋の出前」に収まります。右耳の横上でしょうか。セットアップポジションからのスタートは、左肩からバックスウィングが始まるイメージです。トップ近くで少し減速しながら停止に近い状態に手が収まり、クラブヘッドも一瞬ですが停止します。

ここから切換し動作が始まり、ヘッドはインパクトに向かって行きますが、今日はトップでの切換し動作のお話をします。

トップからの切り返しで注意しなければならない点は、いきなり手つまり上体から切り返さないことです。上体からボールを打ちに行きますと間違いなくアウトサイドイン軌道になります。つまり上体が被って入ってくるため、スウィング軌道がダウンスウィングで「インサイド・アウト・イン」にならず、「アウトサイド・イン」になるため、目標にヘッドが出て行かず、目標の左に振る軌道になってしまうのです。

この結果ボールは最初から真直ぐ左に出るプルフックないしは、左に出た後右にスライスするボールになってしまいます。目標に対して正しくスタンスを取っているのに左しか行かないボールになってしまうのです。

これを修正するには、切換し動作を学ぶ必要があります。どのようにするかと言いますと、以下のようになります。

1.正しいトップでしっかり右に乗っていること
2.トップでほぼ静止したポジションから手を右足方向に垂直に下げる
3.2.の動作をしながら腰を回す=体重を左に移すこと

2.の状態では手がハーフショットに近いポジション=腕が地面と平行まで下がっていますが、肩はトップの位置から大きく動いていません。バックスウィングの主体である肩が、トップでの切り返しで腰に主体が移ったのです。

切換しが始まり、主体となった腰は動き=左軸への体重移動が行われ、ほぼボールに正対しているポジションまで行きボールをヒットします。腰が先行している関係で、インパクトのポジションは「腰が回って体重が左にかかった状態」であり、「肩はボールに対してほぼ正対」の状態になります。

これはトップからダウンスウィングにかけて、左に踏み込みながら左軸でインパクトするということと同じことです。

正しいインパクトが理解できましたか。トップからの切換し動作が、正しく行われない限りスウィング軌道は真直ぐにならないことを理解して下さい。

切り返しの「手が下がる動作」同時に「腰が動く動作」は近くで見ていても良く見えません。ですがこのような動きがスウィング中に切換し動作として起こっているのです。

近くで見ていても良く見えないからでしょうか?この動作はアメリカンメソッドでは「マジックムーブ」と言われています。アメリカではこの動作を身につけるための専用の練習器具が販売されています。それ位この正しい切換し動作は練習する価値があるということなのでしょうね。

次回はインパクトからフォローにかけてです。
スポンサーサイト