FC2ブログ
 

タイ・バンコクゴルフレッスンBLOG

ロータスバレーゴルフリゾート その1

先日コースレッスンがあり、受講者のKさんとロータスバレーゴルフリゾートに行きました。

バンコクからは北東方向になります。ラムルッカCC、カスカタGCを左手に見ながらラムルッカ通りを東に進みます。約1時間で到着しました。ラムルッカ・カスカタ同様のフラットな田園の中に開発された18Hのリゾートコースです。

このコースはかつて黒豹と呼ばれたゲイリー・プレイヤーの設計によるワールドトレードGCでした。数年前に全面的な改修工事を行いましたので、かつてののんびりした田舎風ワールドトレードGCの面影は全くありません。

コースの特徴はフラットな地形にアンジュレーションを多用していますので、真平らという印象はありません。適度なアップダウンと言った表現がピッタリくるような心地よい高低差です。以前のコースに比べて随分アップダウンがあるという感じがしますが、土地の原形はフラットです。当然歩いても疲れません。良いですね。楽で。

さてコースのことですが、素晴らしい管理をしています。ティ・フェアウェイ・グリーン・バンカーの整備など非の打ち所がないような管理です。ただ前日結構な雨が降ったようで、下がぬかるんでいました。このくらいの雨で新設なのにこんなにぐちゃぐちゃするのは何なのかなと思い、気をつけて見るとマンホールがありません。排水に問題ありですね。高低差で排水をクリアしています。このようなケースの場合、一般的には開場後数年は良いのですが、5-10年経過しますと芝の補修部分が増えてきます。表現をかえれば芝生の下の見えない部分にかけた費用が多寡が分かってきます。

表面は綺麗に仕上がっても芝の下がどのようになっているのかによって排水性の良し悪しが決まってきます。排水がよければ健全な芝生が育成されますので、維持管理費は抑えられます。反面テンプラ状態で簡単に仕上げた場合は最初のうちは良いのですが、段々ぼろがでてきます。排水が悪いため、水が滞留する訳ですから病気が発生しやすくなります。いつも芝の張替えや排水工事をしなければならない状況になってしまいます。

どのような工事をしたのか詳しく分かりませんが、この素晴らしい状態がいつまでも続くようであれば良いと思います。

次回に続きます。
スポンサーサイト