FC2ブログ
 

タイ・バンコクゴルフレッスンBLOG

真直ぐ飛ばないのは?

ボールはなぜ真直ぐ飛ばないのでしょうか?

ドライバー(1W)のフェース形状を見ても分かるように、真直ぐなフェースではなくバルジといわれる曲線形状のフェースになっています。各メーカーはゴルファーのスウィング特徴を研究して芯を外しても真直ぐ行くクラブの開発を続けてきました。多くのゴルファーがスライサーであることから、スライスを出来るだけ抑えるクラブの研究・販売を行ってきたと言っても良いでしょう。

このようなメーカーの努力(?)にも拘らず、なぜショットが真直ぐ行かないのでしょうか。

一言でいえば、スウィング軌道がずれているからです。そしてインパクトゾーンで手を捏ねているからなのです。

具体的には、上体中心のスウィングであればどうしてもアウトサイドイン軌道になりやすいのです。インパクトでフェースが遅れて入った場合は、フェースが開くためスライスです。もしインパクトでフェースが被れば左に真直ぐ行くボールになります。この場合は、上体中心スウィングから腰を主体としたスウィングに直す必要があります。

ダウンで腰から始動するようになれば、余程手が外から降りてこない限り、緩やかなインサイドイン軌道になります。インパクトからフォローにかけてヘッドが目標を向くスウィングになるのです。このような軌道であれば、多少フェースが目標からずれていても、出球は真直ぐです。出球とはインパクト後に飛び出す方向のことを指します。

スライサーやフッカーの人達のほとんどは、出球の方向がずれています。スウィングの向きをまず修正することが必要です。この部分を修正しないとスライスもフックも直りません。

あと、手を捏ねている場合です。

最も重要なのがインパクトゾーンです。インパクトゾーンは、セットアップからバックスゥイングでシャフトが地面と平行になり、目標を指す場所がインパクトの入り口になります。ダウンスィングで上から降りてきて、シャフトが地面と平行になる場所も同じ場所です。

そしてインパクトします。腰が回転し体重移動が行われたインパクトです。上体は正対しています。右肩が前には出ていません。ここでは両腕が伸びています。

インパクト後のフォローです。ここではまだ頭は残り、腰が先行しています。腕が伸びてシャフトが地面と平行になり、目標を指す地点、ここがインパクト出口です。

セットアップ・バックスウィング(インパクト入り口)・インパクト・フォローで手は直線的に動く必要があります。目標に対してです。手が真直ぐ動くとは、簡単に言えばスタンス(目標)の方向に沿って、両手が真直ぐ動くことです。手が上に上がれば自然に内側に入ってきますが、インパクトゾーンでは目標に対し真直ぐ動く必要があります。

この場合は構えた自分の手の形が変わりません。構えた形でバック・インパクト・フォローなのです。これは、セットアップ・インパクト入り口・インパクト・インパクト出口で、フェースの向きがオープンクローズにならないと言うことと同じことです。勿論インパクト直前でヘッドが手を追い越す動き=ヘッドターンは不可欠です。

インパクトゾーンで、手が動くスピードとヘッドが動くスピードは手が遅くヘッドが圧倒的に速い事を理解する必要があります。ゆっくり振るとはこのことを指します。

ゆっくり振られた、緩やかなインサイドアウトイン軌道が、ストレートボールを打つ決め手になります。真直ぐ飛ばない方はこの基本的な動作を是非やってみて下さい。ストレートボールは、インパクトゾーンの基本動作で簡単に打てるようになります。
スポンサーサイト